海外製サプリメントってどうなの?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/19

この記事の読了時間: 311

簡単には『サプリメント比較について』で紹介しています。

ここでは、海外製サプリメントを買う際の注意点や知っておいてほしいことなどを紹介します。

海外製サプリメントは『個人輸入』で買うことになる

海外製サプリメントは個人輸入で個人が使う分だけ買うことになります。

薬事法のルールを守ったうえで個人輸入すれば問題ありません。

個人輸入のルールは以下です。

1.転売や譲渡は禁止
2.購入数量は2か月分まで
3.商品代金の60%が1万円を超える場合は関税・消費税を支払う
4.販売拠点が海外の会社、海外から商品を発送する会社から買う

 

安全なのはiHerbやAmazonなどです。

個人的にはほかの物を買うにも便利なのでAmazonがおススメです。

 

製品自体の安全性は?

215

メンタルケア系のサプリメントで海外製となるとほとんどがアメリカ製になるので、ここではアメリカ製サプリメントの安全性についてお話します。

まず、アメリカではもともとサプリ業界が潤う土壌が出来上がっていました。

日本に比べて医療費が個人負担に寄る部分が多く、病気になって多額の医療費を取られるよりはサプリで予防しようという考え方が根付いています。

そのため、さまざまなサプリが出てきますが市場が大きくなれば粗悪品の問題も当然出てきます。

216

そこで、1994年に『栄養補助食品健康・教育法』という法律が成立しました。

これはサプリメントに関する表記や届け出に関する法律で、届出は連邦食品医薬品局(FDA)に対して行います。

なお、FDAでは抜き打ち検査なども行っているので、その点ではアメリカのサプリメントの安全性は法律・機構によって確保されていると言えます。

ただし、FDAの検査をすり抜けるサプリメントがあるのも事実。

肝臓への障害などが報告されたこともあります。

 

日本製と海外製、どっちがいいの?

218
一般的な東洋人と一般的な西洋人の体格や成分吸収の特徴の違いから海外製のサプリメントが合わない日本人も当然います。

なので、同じ成分で日本製のサプリメントがあるならそちらから始めてみるのがよいです。

また、食べ物に対して敏感に反応しやすい(アレルギーなどではなくてもちょっとの刺激で胃腸を崩しやすいなど)なら、日本製のサプリがよいでしょう。

結論として、基本的には日本製サプリメントがおすすめだが海外製にしかない成分もあるので要検討ということになります。

 

おすすめのブランドは?

219
海外製サプリメントのおススメブランドと特徴を簡単にまとめてみました。

・ナウフーズ…安価で手に入れやすいことから人気。2003年度最優秀製造業者賞受賞歴あり。

・ジャロウフォーミュラズ…コスパのよいブランド。医療機関との研究開発協力を経て質の高い商品を作っている。

・ドクターズベスト…設立に医師がかかわっているため、信頼度が高い。原料へのこだわりが強い。

・ナトロール…安価なサプリメントブランドだが、クオリティの高い商品もたびたび見られる。

・ソースナチュラルズ…単体サプリよりも総合系サプリに強い。価格帯はナトロール、ナウフーズと並んで安価。

・ニューチャプター天然素材だけを使ったオーガニックサプリブランド。

 

海外製サプリメントによくある用語

217
日本製サプリメントではあまり用いられない用語について紹介します。

・TR…タイムリリース加工のこと。ゆっくりと吸収されてサポート力を持続できるのが特徴

・ベジカプセル…ベジタリアンでも摂取できるカプセル

 - サプリメント比較