アダルトチルドレン(ac)って何?その特徴やなりやすい病気は?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/16

この記事を読むのにかかる時間: 626

生きづらさ、生きにくさの原因の1つとも言われているのがアダルトチルドレン(ac)であること。

最近よく聞くようになったアダルトチルドレン(ac)とはいったいどんな人を指すのか、アダルトチルドレン(ac)の原因となる機能不全家族(家庭)についても触れて行きたいと思います。

今回のテーマは2回に分かれており、1回目の今回はアダルトチルドレン(ac)とは何か、全体の特徴、タイプ別の特徴、かかりやすい障害・病気、共依存について説明します。

スポンサーリンク

アダルトチルドレン(ac)って何?

アダルトチルドレン(ac)とは機能不全家族(家庭)に育ったことによって生まれたもののとらえ方、対人関係などの問題で生きづらさを抱えている人のことです。

もともとはアルコール依存症の家庭に育った子供たちという意味でしたが、現在ではそれ以外の機能不全家族(家庭)も含んでいます。

たまに子供っぽい大人(成長しきっていない大人)という誤解がありますが、そういった概念や意味ではありません。

また、アダルトチルドレン(ac)は診断名ではないので病院で診断することはありませんし、診断基準もありません。

自発的にアダルトチルドレン(ac)かもしれない、と気づいて問題解決に活かすための言葉と考えてください。

 

アダルトチルドレン(ac)の特徴・タイプ

アダルトチルドレン,特徴,ac,タイプ,ヒーロー,スケープゴート,プリンス,プリンセス,ピエロ,クラウン,ロストワン,イネイブラー,リトルナース
アダルトチルドレンにはヒーローやカウンセラーなどいくつかのタイプがありますので、全体の特徴とそれぞれのタイプの突出した特徴を簡単に紹介しておきます。

なお、これらの特徴は『機能不全家族(家庭)で生きるために身に着けたもの』です。

 

アダルトチルドレンに共通する特徴

自尊心や自分を愛する心がほとんどない

・自分への批判や自己嫌悪してばかりいる

・人と親密になることに対して嫌悪感や恐れがある

・白黒思考(完璧主義)

・感情が突如爆発したり、感情の取り扱いがわからない

 

ヒーロー

家族の期待を背負っているので成績がよかったりスポーツが万能だったりします。

一方で努力至上主義になりがちで、尊敬を集めることだけに執着しやすいタイプでもあります。

心の中に罪悪感を抱きやすく、ワーカホリック(仕事依存)にもなりやすいです。

 

ピエロ・クラウン

おどけた様子、冗談をよく言うタイプの子で、おちゃらけている・明るいといった印象を周囲に与えます。

末っ子に多く、一見すると明るいですが実はかなり繊細。

家族内の怒りや争いを緩和するために無理して明るくしているのです。

 

ロストワン

名前の通り、『いない子』です。

存在しないことこそが機能不全家族で生きて行く術だったため、面倒もなく手のかからない子と思われがちです。

ですが自尊心がほとんどなく、他人の評価に影響されやすい、振り回されやすいといった面を持ちます。

 

スケープゴート

犯罪やアルコール依存、非行などによって家族の問題の本質から目を逸らす役割を担っている子です。

仲間が多いように見えても実際は孤独を感じることが多く、寂しさも感じています。

こんなことをしたくないと思いつつ、依存・非行などの問題行動をするしかないという結論に至るケースも多いです。

 

ケアテイカー・カウンセラー

機能不全家族(家庭)でバランスを取るために活躍する小さなカウンセラーで、長女(なおかつ長子)に多いと言われています。

周囲の役に立つことが自分のすべてになっているので、自分の意見を持つことがほとんどありません。

自分は本当はどう思っているか、どう感じているかがまったくわからないのです。

 

プリンセス・プリンス

いわゆる『愛玩用の子供』で、パッと見では可愛がられているように見えますが自分の意志を持つことを許されません。

人が望むことを察知することが得意で、自分の振る舞いを人の希望に合わせてしまいます。

そのため、ケアテイカー同様に自分の意志を持てない上に『もしも本当の自分が親の望む子じゃなかったらどうなるんだろう』といった恐怖も心を支配します。

 

イネイブラー

ケアテイカーに似ており、家族の世話に奔走するタイプの子です。

家事一般や小さな弟や妹の世話をすることが多く、『親』の役割を無理やり担わされています。

大人になってからもアルコール依存のパートナーと共依存になるイネイブラー(アダルトチルドレンの用語ではなく嗜癖問題の用語としての)として生き続けるケースがあります。

 

アダルトチルドレン(ac)が抱えやすい障害は?

アダルトチルドレン,ac,人格障害,摂食障害,不安障害,社会不安障害,依存
本来は安心して暮らせるはずの家庭で犠牲を強いられているわけですから、当然アダルトチルドレン(ac)は健康上の問題を抱えるケースも少なくはありません。

精神疾患関係では不安障害、パーソナリティ障害(人格障害)、摂食障害などです。

不安定な人間関係しか築けない境界性パーソナリティ障害(人格障害)はアダルトチルドレン(ac)の特徴がより激化・行動化したタイプの障害とも言えるでしょう。

また、自分の心のよりどころを持てないままだと買い物やアルコール、人間関係への極度な依存に走ることもあります。

いずれにしても重要なのは問題の元となった機能不全家族(家庭)との関係を終わらせる・改善することや自分の中の認知の歪みや低い自尊心を変化させることです。

 

共依存って?

上述のイネイブラーのところに出てきた共依存について簡単に解説します。

共依存とは特定の人間関係依存

依存と言うと買い物依存、アルコール依存などが代表的ですが共依存とは『人間関係に対する依存』を指しています。

アダルトチルドレンと同様にもともとはアルコール依存と関係しており、アルコール依存者のパートナーに見られやすい特徴として作られた言葉です。

依存や問題行動を起こす人とどうしても別れられない、離れられないのが共依存の特徴。

関係性に苦しみながらも離れられないという点が、通常の依存とは違うところです。

 

共依存者に隠された自己中心性と支配欲

アダルトチルドレン,ac,共依存,理由,恋人,夫婦
共依存者は相手を熱心に世話しますが、それは相手の回復や健全な生き方につながりません。

世話をすればするほど相手は『自分でする能力』を失い、生活のすべてを共依存者に預けることもしばしば。

共依存者は相手が完全にすべてを自分に預けていることで、自分自身の自己中心性や支配欲を満たせるのです。

 

アダルトチルドレン(ac)と共依存

アダルトチルドレン(ac)のなかでもイネイブラーやケアテイカーは共依存に陥りやすいです。

家族の面倒を見続けたり話を聞きつづけたりすることでしか自分を支えられない世界に長いこと生きているので、親しくなればなるほど『育った家庭』と同じ人間関係を築いてしまいがち。

もちろんそれ以外のタイプでも自尊心が非常に低く、『自分がここで安心できる』という場所がないケースが多いので、人間関係を過度なよりどころにする共依存の可能性があります。

 

親子の共依存関係が持つ特徴や問題点、克服方法って?

 

hanami1と、いうわけで今回はここまで!

次回はアダルトチルドレン(ac)を生み出す元となった機能不全家族(家庭)についてと、アダルトチルドレン(ac)からの回復について紹介します。

 - 心・体の悩み対策