私が日々のメンタルケアで大事にしている6つのこと

私が日々のメンタルケアで大事にしている6つのこと
この記事の読了時間: 539

こんばんは!

当サイト管理人のはなみです^^

今回は、私が自分自身のメンタルをケアするために日常で意識していることを紹介したいと思います。

これは、以前Twitterでアンケートをしたときに頂いた質問から生まれた記事です!

アンケート回答してくださった方、ありがとうございます。


スポンサーリンク


簡単にスペックおさらい

まずは私のスペックを簡単におさらいしますと…

・やや虚弱体質、でも筋トレでちょっと回復中

・30代

・フリーランスで時間の自由度はそこそこ

・強迫性障害治療11年目(月1回通院/減薬に挑戦中)

・自律神経系の乱れ有

似たような体・脳のスペックをお持ちの方のお役に立てるかもしれません!

ではさっそく行ってみましょ♪

 

メンタルケア1.ちゃんと寝る

眠る熊と羊のぬいぐるみ

強迫性障害治療前(発病はしていたよう)から、私は眠りの質が良くないタイプです。

ちょっとの物音でも起きるし、寝起きはあまりよくありませんでした。

寝起きの悪さのせいでデスクライトを投げ、壁とライトをぶち壊して怒られた日のことは忘れません(笑)

 

この間もちょっと事情があって2日間4時間睡眠を続けたら、ダメでした。。

何でも普段より否定的に聞こえるし、決断力は落ちるし、我慢も効かなくなってきます。

 

結論として、やっぱりちゃんと寝るのってかなり大事だなぁと思っています。

ちゃんと寝れば気持ちに余裕ができるし、ここ一番でも頑張れます。

なので、自分に合った時間はしっかり寝ることはメンタルケアの中でもかなり重視しています!

私の場合は7時間半から8時間くらい寝るようにしていますね。

 

今は光目覚ましinti4とハーブティー、アロマ常用です。

ハーブティは以前記事で紹介しました!

エンハーブのリラックスハーブティー&アロマを1か月試してみた

光目覚ましは今動画撮ってレポしようと思ってますので、少々お待ちを!

冬場は保温布団も使ってましたね。

 

メンタルケア2.筋トレする

ニュースで筋トレは精神安定にいいって聞いて始めました。

想像以上にハマって、ヨガマットとかスポーツグッズも揃えてホームトレーニングしています。

筋トレによってセロトニンが分泌されるとのことです!

セロトニンがどれだけ分泌されたとか数値的なことはあんまりわかりませんが、運動後はスッキリします。

あと、筋肉がついてくると達成感も得られますね♪

逆に筋トレができなかった日は罪悪感にさいなまれるので、自分の罪悪感と向き合ういい機会になります。

これだけ書くと立派に筋トレしてる風ですが、実態は1日15分です^^;

 

メンタルケア3.瞑想する

瞑想をしている人の手

最近は毎日必ず瞑想するようにしています。

時間は短ければ3分くらい、長ければ15分くらいを目安に1日1-2回。

瞑想法は座ってやるもの、歩くもの、体を確認するものなど様々です。

4月に札幌で行われた瞑想会でヴィパッサナー瞑想を教わったので、最近はヴィパッサナー瞑想をすることが多いですね。

あと、この間友達と『ボディスキャン瞑想』に1週間チャレンジしてみたので、それもまたまとめます。

とにかく言えるのは、瞑想おすすめ!ってことです♪

どうしても睡眠時間が少なくなった時も、瞑想しておくとちょっとだけ忍耐力が上がります。

 

メンタルケア4.紙に書く、まとめる

紙に書く

自分の感情や思考の整理にはPCやスマホより紙を使うことが多いです。

基本すぐに捨てちゃうんですけど、思考については後でヒントになるかもしれないので、取っておくことも。

人間関係が複雑になったり予定がバーッと詰まったりしたときは、特に感情を紙に書いて吐き出します。

あと、定期的に自分の将来像や手に入れたいものを見直したりもしますね。

書くのが好きなのもあって、書くメソッドはとにかく多くやりますね。

 

メンタルケア5.予定を可視化して削る

カレンダー

これはフリーランスならではの事情もあるかとは思いますが、どうしても予定を詰め込んじゃうんですよねぇ:;

基本的には家で記事執筆をする仕事ですが、最近は外でコンサルをすることも増え、人脈も増える増える。。。

嬉しいお誘いも多いのですが、すべてに応えると大変なことになるので、会合や遊び、勉強会の予定は週3回までと決めています。

以前は『疲れてきたら予定減らそう』って思ってたんですが、疲れてくるころには疲れを判断するセンサーがおかしくなっています(汗)

疲れを疲れと捉えられず、『まだまだいける!』的なランナーズハイ現象を起こしやすかったので、可視化しました。

 

メンタルケア6.人の話を受け取りすぎない

会話する人形

人の話ってあまりにも真面目に、真剣に、真実として受け取るとすごく疲れますよね。

自分は自分なりに『こう思う』っていうのがあって、人はその人なりに『こう思う』っていうのがあるじゃないですか。

そういうのが合わなかったとき、

イライラしたり

共感を得られなくて寂しくなったり

自分の意見がダメなのかと落ち込んだり

ってことが以前の私にはとても多かったです。

なので、人の話は真剣に受け取りすぎず、自分の意見にも執着しすぎないように注意しています。

 

この世に、『絶対〇〇である』ってものはすごく少なくないですか?

あるのかもしれないけど、日常生活でそんなに絶対的真実ばっかり会話に出てくるわけではないと思うし…。

だから、人の意見が気になったときは別にお互い絶対的な真実を言ってるわけじゃないんだなぁって常に自分の頭に言い聞かせてます。

自分も相手も『この件についてはAがいい(Bがいい)って信じてます!!』って表明なだけだなぁと。

ちょっと引きの視点で見てみると楽になる部分もあるかなぁと思います。

 

まとめ

というわけで、以上が私が日常的にメンタルケアで意識して行っていることでした!

優先順位としては

・睡眠

・瞑想

あとは同じくらいな感じでしょうか。

人間関係のTipsはほかにもたくさんあるので、別途まとめる日も来るかも…?(リクエストあれば早めにまとめます!)

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!