無料の光目覚ましアプリで人は起きられるかを大実験!

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/19

この記事を読むのにかかる時間: 444

当サイトでは光目覚まし時計の紹介をしていますが、光目覚ましのアプリもあるという情報をいただき、早速試してみました。

今回は光目覚ましアプリ『Glimmer』の無料版を使用して普段よりも起きられるか、寝起きに違いは生じるかを私が実験してみた結果を紹介します。


スポンサーリンク

光目覚ましアプリ『Glimmer』って?

光目覚ましアプリ,Glimmer

起床時間30分前から光が徐々に強くなり、音や光で目覚めを手伝ってくれるというアプリです。

アプリ内購入はありますが基本のシステムはすべて無料で使用可能!

けっこう評価もよかったので今回の実験にふさわしいと思い、ダウンロードしました。

現在、アンドロイドのみ対応のようです→Glimmer(光る目覚まし時計)

 

Glimmerの機能や雰囲気を見てみよう!

スクリーンショットをいくつか用意しました。

時間がなんか適当なのはスクリーンショットがわからなくて撮り直した結果ですw

まず一番暗いときはこんな感じ↓
光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能
次に徐々に明るくなって↓
光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能
更に明るく↓
光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能
目覚まし1分前にはこんな感じです↓
光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能
この後点滅します。

機能はこちら↓

光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能

優しく起こす時間帯については、有料版でのみ設定可能。

無料では強制的に?30分前から画面が変わります

アラーム前の音楽についてはON/OFFは無料版でも選べます。

光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能
アラーム用音楽も選べます。

後述しますが私はアラームがあった方が起きられたので、自分の好きな曲にしました。

音楽は…のところを見るとPREMIUMとなっていますが、自分のフォルダにある曲ならなぜか選択できます。

光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能光目覚まし,アプリ,Glimmer,機能

夜間モードと昼モードです。

電話やインターネットの同調を自動でON/OFFにする機能です。

無料版では時間を設定できなくて不便なので、最初から機能をOFFにしておいたほうがいいと思います。

デフォルトではONになってるのか、最初の日に起きたらネットがつながってなくて焦りましたw

 

実験の方法は?

朝,寝起き,悪い,光目覚まし

普段よりも40分早いアラーム時刻に設定して、果たして起きられるのか?という実験を1週間行いました。

その30分前からなので、アラーム開始は普段より70分早い計算になります。

普段起きるのが8時10分頃、なので今回は7時半に設定しました。

生活はできるだけ普段通りで、運動や食事も一応記録。

何か違いが出るかなーと。

 

私の睡眠の悩み

 

私は睡眠恐怖がややあってどちらかといえば夜遅い、朝も遅いという生活になりがち。

また、すっきり目覚められないのも悩みです。

 

1.起床時間の結果は15分ほど早くなった!

結果-★★★★☆

一番大事な起床時間の結果。

これは平均して普段よりも15分ほど早くなりました

8時10分に起きていたのが7時50分や7時55分に起きられるように。

 

2.寝起きはそれほど変わらず

結果-★★☆☆☆

寝起きについては大きな変化はなかったです。

普段通りの微妙な寝起き?

寝起きがよくなるかなーと期待した分ちょっと残念だったかな。

 

効果的な使い方:音と組み合わせる

光目覚まし,音楽

やっぱり目覚まし音っていうのはいいような気がします。

音と組み合わせるようになってから早起きできる日が増えたし、自分の好きな音楽が設定できるので、ぜひ設定しておくことをおススメします。

 

総合評価-★★★☆☆

普通の目覚ましとしてはそれなりに使えると思いますが、光目覚ましとしてどうなの?といわれるとそんなに評価は高くないかも。

私の場合は最終的に音と合わせることで効果を感じていたので、光目覚ましも試してみたいくらいならいいのですが、光を重視した場合はやっぱり無理があるようです。

目覚まし時計アプリとしては使えるので、星3つとしました。

関連エントリ:光目覚まし時計比較特集!機能別TOP3・総合ランキング

 

光目覚ましアプリで結果があまり出なかったのはなぜ?

スマホ,ルクス,アプリ

考えられる原因がスマホのルクスの問題。

画面からの距離ゼロでも大体300ルクスくらいといわれているので、セロトニン生成には役立ちません(セロトニン生成には2500ルクス以上必要)。

そのため、概日リズムの改善は難しそうです。

するとリズムは乱れたままなので、従来の目覚まし時計と同じ使い方しかできないのかなーと。

 

ちょっと危険?置く場所について

スマホ,頭,近く

私はより効率的に光を浴びるために頭のすぐ近くにスマホを置いていました。

ただ頭のすぐ近くにスマホを置くのがよくないという話もあるようで、電磁波の影響が…というのを読みました。

きちんとした結論が出ている問題ではないので、気になる人は気になるし、敏感な人は感じやすいってところかなと思います。

でも遠くに置くと光を感じられないのです…。

 

結論:普通の目覚ましとして使おう

光目覚まし,アプリ,Glimmer,評価,実験

今回の結論は、私はこのGlimmerは普通の目覚ましとして使おう!ということです。

今後光目覚まし時計を購入して届いてからでないと光目覚ましの方とは比較できないので、購入したらまたその記事もアップロードしたいと思います。

 

hanami1というわけで、光目覚ましアプリの実験でした!

無料なので試しにダウンロードして使ってみる分にはいいと思います^^

 - 眠りの問題