学校・仕事に行きたくない人必見!人が怖いのを克服する方法

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事の読了時間: 48

2回シリーズでお届けしている『人が怖い心理や対処法』の2回目です。

今回、2回目は人が怖い場合の対処法を紹介します。

スポンサーリンク


人が怖くて学校や仕事に行けない…?

人が怖くて学校や仕事に行けない、どうにか行けてはいるけれど毎日がつらい…という方は意外といます。

私もそうでしたが、学校や仕事に行けなくなって、そのうち復学とか復職とかが難しくなるパターンです。

一度こもってしまうと外に出にくくなるので、どうにか行けている方は今がチャンス!

そして、しばらく家にこもってしまっている方も長引く前の今がチャンスです。

 

人が怖いのを克服する-自愛

まずこのサイトで再三再四(と言ってもいいくらい?)紹介している『自愛』。

これは人が怖いときにも役立ちます。

人が怖い原因を前回解説したときにお話ししましたが、人が怖くなるには『自分を否定される』という経験があります。

この辛い経験を癒やすのが自愛であり、自分を大切にすることそのものです。

自愛の方法は以下に詳細を記載しています。

自愛の方法(改訂版)

 

人が怖いのを克服する-経験を積む

人が怖い,克服,仕事,克服法,克服方法
次に人が怖い原因のなかで大事なものが『経験則』です。

つらい経験が多かったから次もつらいだろう…と脳が勝手に判断してしまうことで恐怖が生まれます。

この『経験則』対策になるのが別の経験をすることです。

誰かに受け入れてもらった、飾らない自分を認めてもらったという経験は『次も認めてもらえるかもしれない』という回路を作るのに役立ちます。

飾らない自分というのがいまいち難しいような気がしますが、『リラックスした状態』に似ています。

過度に人の顔色をうかがわずに、素直に思ったことを言うといった感じでしょうか。

 

経験を積むために出来ること-学校・会社編

人が怖いけれどどうにか会社や学校に行っている方であれば、仲の良い人から徐々にリラックスした姿を見せて行けばよい経験則を積むことが可能です。

この際大事なことは、『これは人を信じられるよい経験になりそうだ』と感じたことはメモしておくこと。

1日の終わりにメモ帳に書いたりすると、どんどん人が怖くなくなる過程が見えて、落ち込んだ時のやる気アップにつながります。

 

経験を積むために出来ること-家編

人が怖い,克服,克服法,克服方法
学校や会社に行けなくなってしまったという方の場合は、まず家で会話の練習をスタートしてみましょう。

以前ブログでも紹介しましたが、私がよく行っていたのが『テレビと会話』です。

それから外に出て店員さんと会話をする、友人、知り合い…と徐々に幅を広げて行きました。

ここで大事なことは必ず安全地帯から始めることです。

経験上、旅番組は絶対に裏切りませんw

私の場合は次に母親(病気に理解があったので)、店員さん(店員さんが意見するシチュエーションってない気がします)、友人の順でした。

受け入れてくれそうな相手を見極めて行けば失敗も少なく、挫折せずに『人が怖くない』まで行けます。

 

トラウマになった人がわかる場合

もしも特定の人がトラウマで人が怖くなってしまったということがわかる場合、セルフセラピーも有効です。

人が怖くなるような場面では、大体何かの感情を溜めこんでいます。

本当は言いかえしてやりたかったとか、泣きたかったとか、色んな事があります。

その感情を、その時その場に戻ってやり直すのも『人が怖い』を克服するのにおススメの方法。

人が怖い,克服,克服法,克服方法,仕事

その時のその状況を思い浮かべて、言ってやりたかったこと表現したかったことを全部再現してみるのです。

できれば1人になれる空間で、時間があるときにやるとよいです。

泣き叫んだりしてもOKですし、どうしようもない気持ちを表現するのもOKです。

すっきりして、もう何の感情も出ないというくらいまでやってみてください。

時間はかかるかもしれませんが、自分の中に感情を溜めておくつらさがなくなって他人をもっとニュートラルな視点で見られる方法です。

 

まとめ

人が怖いことに対する克服法のまとめです。

1.自愛-自己否定する気持ちを癒やして、へりくだらなくても人と接することが出来るようになる方法。

2.経験を積む-歪んだ経験則を変えて、人が怖くないという経験則を作ることが出来るようになる方法。

3.セルフセラピー-特定の『人が怖い』原因になった出来事への感情を発散し、歪んだ認知を治す方法。

 

hanami1あとは薬を使って一時的に恐怖を抑えるという方法もあります。

日常生活を送るのが難しい方は精神科での検査や治療(服薬やカウンセリング)を考えてみるのもよいかもしれません。

 - メンタルのためにできること