独り言がうるさい人は病気?その心理と対処法について

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/18

この記事の読了時間: 79

会社や家族に独り言がうるさい人、ずーっと独り言を言っている人っていたりしますよね。

あんまりにも独り言が多いと『この人病気?』と思ったり、『うるさいな!』って思ったり…(実体験ですw)。

そこで今回は独り言が出る病気、独り言を言う心理、直し方、そして何より大事な対処法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


独り言を言う心理って?

独り言を言う心理としてよく指摘されるのが、精神の安定を図っている・ストレスを解消しているということ。

声を出すという刺激で心が落ち着くこともありますし、以前何かの出来事の際に独り言でストレスを解消した経験を学習しているのかもしれません。

いずれにしても、ネガティブ系の独り言の場合はストレスとの関わりが強いと言われています。

これからやる作業であったり大変だといったような独り言は、自己主張やヘルプを求めているケースもあります。

私の存在を認めてほしい、もっと私を手助けしてほしいといった形です。

 

独り言を言う人の性格は?

独り言,多い,性格
上述した心理から考えると、独り言を言う人は『ストレス解消の方法をあまり知らない/うまくストレス解消できない』という部分が強いです。

また、自己主張系の独り言を言う人の場合は『コミュニケーション下手』という特徴も挙げられます。

どちらにしても外交的で柔軟なタイプとは言えません。

独り言では結構乱暴なことを言っていても実は小心者というケースもよくあります。

 

独り言から考えられる病気は?

独り言を言ってしまう病気、というのももちろんあります。

独り言から考えられる病気をいくつか紹介するので、もし当てはまってるかも…と思う部分が多いなら受診するか受診を促すのをおすすめします。

 

統合失調症

独り言,病気,統合失調症
幻覚や妄想といった症状が特徴的な統合失調症では、独り言もその症状に数えられます。

幻聴と話していたりするのでどちらかといえばトーンや大きさは人としゃべるときのそれに近く、場所を問わずに独り言を言うケースが多いです。

不安、緊張などとともに監視妄想や被害妄想の傾向もあれば、統合失調症を疑った方がよいです。

受診・治療は精神科で行います。

 

トゥレット障害

トゥレット障害というのはチックのうち音声・行動の症状が慢性化しているものです。

音声チックには、汚い言葉やどこかで聞いた言葉を無意識に繰り返してしまう症状があります。

これが独り言のように聞こえて、おまけに汚い言葉の場合は周囲が不快になります。

なお、汚い言葉を言ってしまう症状は『汚言症』と呼ばれます。

トゥレット障害やチックは脳の一部の活動異常から起きていると考えられます。

大人の場合は精神科や脳神経科へ、子供の場合は児童精神科やかかりつけの小児科へ行くのがよいでしょう。

 

アルツハイマー型認知症

独り言,病気,アルツハイマー,認知症
認知症の中でももっとも一般的なタイプがアルツハイマー型認知症です。

語彙が減る中で乱暴な言葉の独り言が目立ちやすいほか、記憶があいまい、人物の区別がつかないといった特徴もあります。

65歳以上の老人に多いですが、40-50歳代でも注意が必要です。

治療は認知症外来、老年内科などで行います。

まずはかかりつけの内科での相談をおススメします。

 

うつ病

悲観的な内容の独り言が多い、生気がなく行動が遅い、常にボーっとしているなどの特徴がある場合は、うつ病の可能性が考えられます。

うつ病の独り言は感情を処理しきれなくなったときの発散手段の1つです。

独り言のトーンはボソボソ言うケースもありますが、ある時急に感情が爆発したかのように叫ぶケースもあります。

治療は精神科で行います。

関連エントリ:親のえこひいきの影響?お気に入りの子はうつ病になりやすい

 

独り言がうるさい人への対処法1.直接言う

独り言,対策,対処
本当はこれで解決すればベストです。

独り言がうるさいので静かにしてほしい、ということを落ち着いて告げて聞いてくれればそれがベストではあります。

一応対処法としては挙げましたが、実際のところそれで素直にやめてくれる人はあまりいないでしょう。

 

独り言がうるさい人への対処法2.チームで対処

独り言,対処,対策
職場などで独り言がうるさい人がいてどうしたものか…というときは、まずチームで対処することをおススメします。

例えば同僚の独り言がうるさいなら直属の上司に相談して便宜を図ってもらう、注意してもらうといったような形です。

上司の独り言がうるさい場合は、部署内で話し合い、その上に言うのか部署内で共通の対処法を探すのかを決めましょう。

チームで協力して、一度独り言を言うことで恥をかいてもらうのも1つの方法です。

例えば大勢の前で独り言の注意をされるなど。

もちろん、改善を求めるための必要最低限で行われるべきだとは思います!

 

独り言がうるさい人への対処法3.どういう意味か聞く

独り言,対処,対策
困った困った、どうしようといったヘルプ系の独り言を言う人には直接聞いてみるのもありです。

『何かアドバイスを求めているのか、それとも独り言なのか』と確認することで、業務上の連絡不足の問題は起きにくいです。

独り言をやめて欲しいと言っても受け入れられる可能性は低いので、ちょっと圧力をかけて独り言を控えさせるにも有効な手の1つです。

 

独り言がうるさい人への対処法4.いちいち反応してみる

独り言を言う度に『え?』とか『何話してるんですか?』とか『どうしたの?』といったように、過剰な反応をしてみます。

本人が無自覚に独り言を言っている場合、あなたが反応することで独り言の多さや内容を自覚します。

それによって改善が見られる可能性もあります。

 

独り言がうるさい人への対処法5.耳栓

独り言,対処,対策,対処法
家庭の場合は非常に効果的な方法です。

私自身、独り言が非常にうるさい親の元で育ちましたが、ある年齢からは聴覚過敏の傾向もあって耳栓をしています。

家に帰ったらまず耳栓+ヘッドホン

それでもうるさければフードを被れば大体の音はカットされます。

 

独り言がうるさい人への対処法6.病院へ連れて行く

こちらも家族の場合に有効な手段です。

明らかにおかしな兆候が見られる場合には、半強制でもよいので病院に連れて行くことをおすすめします。

保健所や専門医への事前の相談を行い、その上で段取りを決めて…ということも可能です。

 

独り言がうるさい人への対処法7.完全に無視

独り言,対処,対策
しょっちゅう独り言を聞くとやはり心穏やかにはできません。

ですが、自己主張やヘルプ系の独り言を言う人の場合は特に『注目されたい・構われたい』という欲求が強いです。

『怒り』も関心の1つになってしまい、心理の底で『独り言は、人を怒らせて関心を得られる方法』と考えてしまうケースも。

その思い込みを崩すためにも、冷たい顔で無視するのは有効です。

 

独り言を直す方法1.喋れない状況を作る

独り言,直す,方法
ついつい独り言が出てしまう…という方はまず喋れない状況を作りましょう。

ガムを噛む、飴をなめるなど独り言を出したくても物理的に出ない状態にします。

独り言を言おうと無意識に口を動かしても何かが口に入っていて出てこないと、自分は今独り言を言おうとしてたんだなと気づくチャンスにもなります。

 

独り言を直す方法2.ストレスを解消しよう

端的にストレスを解消しようとは書きましたが、実は一番難しい部分でもあります。

上手にストレスを解消できないからこそ独り言が出てきたわけで、今までの習慣を変えるのは楽ではありません。

まずは日記を書く、人と話すといったように言葉の受け皿を作ってあげましょう。

また、現在の環境自体がストレスなら思い切って環境を変えるのも有効です。

 

hanaminangoku長くなりましたが、今回は独り言を言う心理や病気、そして対処法などをまとめてみました。

参考になったなーとか、独り言がうるさい人に困ってるって方が身近にいる場合はシェアしていただけると幸いです^^

 - 接し方・対人関係の悩み