恋人、家族に言いたいことを言えないあなたの心理と正しい解決法は?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/05/15

この記事を読むのにかかる時間: 529

人間の悩みの多くは人間関係と言われていますが、不安になりやすい方に特に多いのは『言いたいことが言えない』というものです。

言いたいことを言えない性格ってどうして出来るの?どんな心理?というところから、何より大切な対処法まで解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

家族、恋愛、仕事で言いたいこと言えない…

まずは言いたいことを言えないことで起きる問題を考えてみましょう。

まず仕事の場面では言いたいことを言えなくてもそんなに困ることはありません。

困るのは『言うべき』ことを言えなくなったときです。

チームのために、お客さんのために言うべきことも言えなくなっている状態なら、仕事の効率が悪くなったり利益にも影響してきます。

 

次に恋愛や家族について。

恋愛場面で多いのは言いたいことを言えないがゆえにストレスになって、どんどん付き合いがつらくなっていくパターン。

あるいは『言いたいことはあるけど言えない』ことが『主張がない』と誤解され、しまいには相手が『自分はあまり好かれていない』と感じて憤ってしまうパターンもあります。

家族にも言えますが、親しいからこそ気を許す関係というか、そういうものがないとお互いに感じてしまうのでコミュニケーションが取れている感じがしない方も多いようです。

 

言いたいことを言えない性格って単なる根性なし?

言いたいことを言えない性格は根性なしというわけではありません。

空気を読む能力、相手の感情に反応する能力など、本来は人づきあいで有利な能力を持っている感受性豊かなタイプと言えます。

ただ『空気の読み過ぎ』『感情に反応し過ぎ』になってしまって、いい部分が隠れてしまっているだけです。

性格は見方次第で良くも悪くもなるので、良い方を見つけて上手に調節していくのがおススメです。

 

言いたいことを言えないと病気になったりする?

空港にいる群衆

言いたいことを言えない性格は、パーソナリティ障害で言う『C群』の性格である『批判や批難に敏感、人間関係を避ける』という部分にかなり近いです。

そのため、C群に位置する『回避性パーソナリティ障害』『強迫性パーソナリティ障害』などの可能性があります。

また、うつ病や社交不安障害、ストレス障害も注意したい病気です。

関連エントリ:社交不安障害ってどんな病気?

 

言いたいことを言えなくなってしまう心理

もともとの性格に加えてトラウマや色んな背景がありますが、共通するのは『言いたいことを言ったら…』という恐怖や不安があることです。

言いたいことを言ったら大変なことになるとか、嫌われるとか…そういう考えが自分にぴったり張り付いている状態と考えてください。

一度こんな状況に陥ると、次からはあらゆる人間関係で『嫌われる・拒否される』という心理を持ち続けながら接することになるので極端に疲れやすかったり、ストレス性の病気を発症しやすくなったりします。

つまり、言いたいことを言えないと悩んでいる状態は『言いたいこと言うのが怖い・不安・恐ろしい』という状態とも言えます。

 

言いたいことを言うために-課題の分離

コスモスの花

最近すっかり本屋さんなどでもおなじみの『アドラー心理学』の『課題の分離』という考え方は、言いたいことを言えるようになるために重要です。

上述の心理面の説明で明らかにしたように、言いたいことを言えないのは『言いたいことを言うのが怖い』からです。

そして彼氏・彼女、家族など親しい人にまで言いたいことを言えないのは多くの場合『相手の反応』が怖いからです。

相手の反応が怖いっていうのは『相手の反応を自分の責任』と考えるからです。

怒らせてしまった、悲しませてしまった…などは本来存在しません。

 

怒ったり悲しんだりするのは相手なので『相手の課題』であって、自分でコントロールできるものではないのですから。

アドラーは自分でコントロールできる『自分の課題』と、自分がコントロールできない『他人の課題』を分けることを勧めています。

相手の課題に踏み込まない、ここで言えば『自分が言いたいことを言った後の相手の反応』に踏み込まない覚悟が必要ということです。

 

言いたいことを言うために-感情に重きを置かない

課題の分離が必要とは言っても、実際のところ自分の一言で怒ったり悲しまれたりしたら気持ちがキュッと縮こまってしまうこともあると思います。

それにもともとが感受性豊かなタイプですから、相手の怒りや悲しみに反応して『申し訳なさ』や『悲しみ』を一緒に感じてしまうこともあるかもしれません。

そんなときに有効なのが、『感情に重きを置かない』ことです。

感情には良い悪いはなく、ただそこに存在しているもので、受け入れればスーッと消えていきます。

この辺はセドナメソッド等も取り入れつつやってみるとよいと思いますが、まず覚えておきたい大事なことは感情にそれほど意味を見出さなくていいってことです。

喜ぶことが良いことってわけでもないですし、悲しむことが悪いことってわけでもありません。

 

言いたいことを言うために-実際に言って効果を拡大解釈

言いたいことを言えるようになるためにおススメの考え方を2つ紹介しましたが、当たり前ですが実践も必要です。

最初は本当に『これくらいなら自分も相手も傷つかないだろう…』という範囲から攻めていくのがよいでしょう。

待ち合わせ時間を変える提案、デートなどで行く場所を決める、ちょっとした頼みごとを1つだけなど。

何回か小さな挑戦を繰り返すうちに、一度くらいは『言ってよかったな』ってホッとする瞬間があると思います。

その瞬間を拡大鏡でグーッと拡大して、『やっぱり言ってよかったんだ』って何度も確認するうちに徐々に自信がついてくるので、ぜひ実践してみてください♪

 

hanami1言いたいことを言えない人って遠慮しがちなタイプですが、配慮できるタイプとも言えます!

相手のことを考える能力がなければ出来ないことなので、そこはメリットと考えつつちょっとずつ自分の意見を言っていきましょう。うまくいくよう願っています^^

 - 心・体の悩み対策