【疲労回復】イミダペプチドドリンクを試してみた口コミ【虚弱体質】

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

   

この記事の読了時間: 746

今回はイミダペプチドのドリンクを実際飲んでみたので、どんな風だったかの口コミをしたいと思います。

その他に、イミダペプチドについて少し長めに説明も入れるので、早く口コミが知りたい!って方はこちらをクリックしてください♪

 

今回の記事は、以下の方に特におすすめです。

・少しの残業でも疲れが取れず、ぐったり

・休日はもっと遊びたいのに、だるさが続き予定を断ることが多い

・というか休日はへとへとだから、最初から予定を入れず家で寝てる

・疲れていて掃除や料理にまで手が回らない

・疲れのせいでイライラし、人に当たってしまうことがよくある

 

イミダペプチドと疲労回復

ツル(渡り鳥)の群れ

まず、疲れやすい方にイミダペプチドがおすすめな理由を簡単にお話します。

ちなみに、イミダペプチドはイミダゾールジペプチドとも呼ばれますが、同じものです。

人間の骨格筋、脳にもありますが、他には渡り鳥の羽を動かす筋肉、マグロの尾びれなどにも存在します。

 

抗疲労効果の発見

大阪市立大学で行われた『抗疲労』に関する研究で、イミダペプチドに抗疲労効果と疲労回復効果があることがわかりました。

研究ではイミダペプチド成分を毎日、4週間にわたって摂取した後4時間の自転車こぎを行ってもらいました。

イミダペプチドを飲んだ方は実験中、実験終了後の疲労感が少なかったとの違いが出ました。

終了4時間後で2倍もの疲労感の差があります。

このことから、疲労を予防する・疲労を回復する効果があると考えられています。

 

イミダペプチドの摂取量・摂取方法・飲む期間

鶏胸肉と大根の中華スープ

イミダペプチドの1日の摂取量の目安は200-400mgとなっています。

以前の記事でも紹介したように、イミダペプチドは鶏の胸肉に多く含まれています。

鶏胸肉からスープを取って、スープに味付けすることで摂取が可能。

 

鶏胸肉100gのイミダペプチド含有量は1223mg、吸収量は200mg程度となっています。

鶏肉300gを1Lのお湯で茹で、茹で汁に含まれるイミダペプチドを摂取するとします。

1mlあたり0.6mgのイミダペプチドが入っているので、摂取目安量に合わせて計算するとこんな感じです。

 

200mgのイミダペプチドを摂る

333mlの茹で汁を使う

 

400mgのイミダペプチドを摂る

666mlの茹で汁を使う

 

イミダペプチドだし(茹で汁)の作り方は、以下のページで詳しく説明しています↓

疲労回復スープは鶏胸肉で!簡単にできるおすすめレシピを紹介

1日で300ml、600ml飲むのがちょっと難しい…という方にはサプリや、今回飲んだドリンクなどの摂取方法もあります。

 

また、飲み続ける期間についてです。

大阪市立大学が行った、207名を対象にした研究では以下のような結果が出ました。

イミダペプチド摂取400mg群

摂取2-8週間後まで疲労感の有意な低下がみられた

 

イミダペプチド摂取200mg群

摂取3、4、6週間後で疲労感の有意な低下がみられた

少なくとも400mgなら2週間、200mgなら3週間以上は飲みたいところですね。

 

まとめ

日本予防医薬のイミダゾールジペプチドドリンクの箱

・イミダペプチドの摂取量目安は200-400mg/日

・鶏胸肉300gを1Lのお湯で茹でたとすると、1日333-666mlの茹で汁摂取

サプリ、ドリンクなどでの摂取、食品との併用もおすすめ

400mgなら2週間、200mgなら3週間以上は飲むのがよい

 

>>今回飲んだイミダペプチドドリンクの公式サイトはこちら↓<<

 

イミダペプチドドリンクを飲んでみた

今回、私が試したのは『日本予防医学』という会社のイミダペプチドドリンクです。

機能性食品として受理されていますし、イミダペプチドの研究プロジェクトから生まれたメーカーということで、よいかなーと思いまして。

機能性表示の文言はこちらです↓

本品にはイミダゾールジペプチドが含まれるので、日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する機能があります。身体的な疲労を自覚している方に適した食品です。

(日本予防医薬株式会社)

 

10本入りで、1本1本の見た目はこんな感じです↓

日本予防医薬のイミダペプチドドリンク

 

 

メリット

十分なイミダペプチド含有量

日本予防医薬のイミダペプチドドリンクの場合、1本で200mgのイミダペプチドが摂取可能。

1本飲めば、1日の摂取目安量のイミダペプチドがとれます。

 

原材料、製造工程の安心・安全

原材料となる鶏胸肉は国産です。

また、医薬品・医薬部外品を製造する基準と同じGMP基準を順守しているので、衛生的にも心配はなし。

工場も奈良県とのことで、国産・国内製造という点では安心です。

 

子供でも飲める

はちみつが入っているので1歳未満の子にはNGですが、小学生や中学生なら基本的には大丈夫!

様子を見ながら飲ませてあげてください。

 

日本予防医薬のイミダゾールジペプチドの箱と説明書

 

少量なので、胃弱におすすめ

普通の栄養ドリンクは100-120mlぐらいの容量が多いですよね。

イミダペプチドドリンクの場合は30mlなので、胃弱な方にもおすすめです。

実際私も一度にたくさんの水分を入れるとあっという間に胃がだるくなりますが、このドリンクは平気でした。

 

トライアルセットあり

初回限定お試しセット(10本入り)が980円で試せます。

気軽に試せるので、1度味を見てみたり自分と合うかどうかを試してみるのもよいと思います^^

ちなみに、このトライアルセットは実質無料で行けます!

というのも、お試しセットの申し込みを進めていくと、10本無料(トライアル分)+初回半額の定期コースのお知らせがあるので。

 

デメリットと解消法

味のクセが強い

リンゴジュースの缶

他のサイトとかアットコスメさんの口コミでも、後味が苦手・苦みがある・おいしくないといった声がありました。

私も飲んでみたんですが、『だし+リンゴ』みたいな妙な味がしましたね。

後味はだしっぽくて、おいしいとは思いませんでした。

 

解決法

・同社から出ているヨーグルト風味やうめ風味を試してみる

炭酸飲料かりんごジュースで割る

・少量なので我慢して飲む

 

 

アレルギーの危険性

基本的には安全なイミダペプチドですが、まれにアレルギー症状が出る方もいます。

鶏肉、リンゴ、蜂蜜などにアレルギーがある人は最初から試さない方が良いです!

 

解決法

・アレルギー検査で引っかかった場合は、購入を見送る

・検査はしてないけど…という場合はまず試してみて、様子を見るのも1つの方法

 

 

お値段が厳しい

財布とクレジットカード

10本2680円(通常価格)、30本7500円と、お値段はやや高額です。

ちょっとお財布に余裕のないときは厳しいかな?と私は感じました。

ただ、解決法はあるのでご安心を!

 

解決法

・定期コース利用(初回お試しセットの申し込みページで入力すると、初回半額の定期コースのお知らせがあります)

・飲む頻度を減らす(鶏肉スープと組み合わせて飲む頻度を減らしつつイミダペプチドを摂取)

 

私が感じた違い・実感

イミダペプチドドリンク

10日連続で飲んでみると、体力が持ちやすくなったかなという印象はあります。

1日1本+200ml(イミダペプチド130mgくらい)の鶏肉スープの組み合わせで飲んでいました。

特にPCが壊れて夜中まで復旧作業をした時(飲み始めて9日目)には、イミダペプチドのありがたさを感じました!

夜中3時半まで復旧作業、次の日午前9時から仕事というスケジュールでも元気に動けたので、よかったです。

 

ただ、まだ『ビックリ!!』というほどではありません。

10日だけなので、続けてこそ実感する部分も多いのかも。

私の場合は基本的には時間があるので、ちょっと高くても30本入り(単品)を買って、鶏肉と組み合わせるつもりです。

普段から忙しくて鶏肉を調理する暇も体力もない方だったら、定期でイミダペプチドの方がお得だと思います!

気になる方は一度公式サイトでチェックしてみてください^-^

>>公式サイトはこちら↓<<

 - レビュー・商品紹介