自律神経の乱れの原因って?ストレス、ホルモンなどの5種の原因を紹介

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 411

緊張を司る交感神経とリラックスを司る副交感神経からなる自律神経系。

自律神経系が乱れる、という言葉を聞くこともあるかもしれません。

自律神経系が乱れるというのは、交感神経が働くべき時に働かず、副交感神経が働くべき時に働かない状態を指しています。

自律神経系が乱れるというよりは、バランスが乱れているんですね。

ここでは、自律神経系バランスの乱れの原因は何かを紹介していきます。

スポンサーリンク


10人に1人(以下)は体質が原因

まずは、体質が原因というケースです。

10人に1人以下という低い数字ではありますが、自律神経系が乱れやすい方がいます。

他の方に比べると小さな刺激にも反応しやすく、小さいころから身体が弱い方に見られやすいです。

このタイプは『本態性自律神経失調症』と呼ばれています。

ストレスが少ない環境や心理的な圧迫感を感じないライフスタイルであれば、自律神経系の症状が出ない可能性も。

 

更年期には注意!ホルモンバランスの乱れ

中年男性と中年女性

ホルモンバランスの乱れは、自律神経バランスの乱れにもつながります。

特に注意したいのが男性ホルモン、女性ホルモンのバランスの乱れです。

10年ほど前から女性の更年期障害については徐々にメジャーになり、更年期に対する工夫や注意などの情報もネットにたくさんありますよね。

一方で、最近になってようやく注目を浴び始めたのが男性の更年期障害。

男性にも更年期障害はありますし、症状が出る年代にばらつきがあるのが特徴です。

女性の更年期障害は40代後半から50代前半で出ることが多いのですが、男性の更年期障害は早ければ20代から。

女性と同じか、それ以上に注意が必要です。

*更年期以外でも不規則な食事や生活でホルモンバランスが乱れることがあります。

 

不安ともかかわるセロトニン不足

不安と書かれたブロック

当サイトでは何度も出てきている、セロトニンという物質の不足も自律神経バランスの乱れの原因です。

セロトニンは自律神経バランスを整える働きもしており、セロトニンが少なくなると緊張を押さえることが難しくなります。

なので常にピリピリ、少しのことにも過剰反応してドッと疲れたりするんですね。

特に日本人は、不安やストレスを感じやすい遺伝子を持っています。

セロトニントランスポーターというセロトニン量の調節をする遺伝子のうち、SS型(もっとも不安を感じやすい)の方が日本人には多いんです。

もちろん遺伝がすべてではなく環境や習慣、ストレスとの向き合い方なども関係はしてきます。

 

ストレスで常に戦闘態勢になっている

仕事のストレスで頭を抱える男性

自律神経の乱れの原因と言えば『ストレス』が一番に思いつく方も多いですよね。

ストレスがかかっているときというのは、根本的には『生きるか死ぬか』を意味しています。

私たちが生きている社会では実際に『生死』が分けられることは少ないです。

ですが、人間がこんな風に文明を築く前には長い野生の時代がありました。

その時代には、『のんびりしていては死ぬ』確率がとても高いです。

生き残るためにはストレス(心理的緊張)を感じたら、すぐに身体が戦闘態勢に入らなければいけまん。

自律神経は交感神経をフルに働かせ、血圧を上げたり脈を速くしたりします。

慢性的なストレスは慢性的な交感神経の過剰な働きにつながり、自律神経バランスを乱します。

 

ストレスは精神的なものだけではない!

雪の積もった冬の林

ストレスと言うと精神的なものを思い浮かべがちですが、実は『ストレス』は、もともとは『刺激』という意味を持っています。

つまり、精神的なものでなくとも刺激が過度にかけられた状態では、自律神経バランスが乱れる可能性があるんですね。

たとえば環境によるストレスもその1つです。

極端に暑い、極端に寒い、湿度が高くてジメジメするなどは代表的な例です。

季節の変わり目や湿度の高い梅雨時期などには、より注意が必要です。

 

まとめ

というわけで、自律神経バランスが乱れる理由をまとめてみるとこんな感じです。

・ストレス(精神的なもの、環境など)

・セロトニン不足

・ホルモンバランスの乱れ

・体質

 

自律神経バランスが乱れると眠れなくなったり疲れたり…経験上からも言えますが本当にロクなことがないです。

自律神経バランスが乱れる自律神経失調症の患者数は潜在的には600万人以上いるので、自分には無関係と思うのはちょっと危険です。

じゃあどうやって解決したらいいの?というところですよね。

下記の記事で自律神経バランスを整える方法を紹介していますので、よければどうぞ。

自律神経を整えるためにやっておきたい、生活の中の15のこと

 - 自律神経バランス