不安障害・うつ持ちの方のために役立つ啓発・情報サイトまとめ

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 415

不安障害やうつ病などの診断を受けた直後は、まず病気のことを知らなければ!という気持ちになりますよね。

ご家族や大切な人が病気になった時も同じで、いろいろと情報を調べる方も多いと思います。

今回は医療関係の会社や厚労省などが提供している各種啓発サイト・情報サイトを紹介します。

※画像はそれぞれのサイトより。

スポンサーリンク


厚生労働省:みんなのメンタルヘルス

厚労省,不安,うつ,メンタルヘルス

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

心の病気についての説明、治療、生活サポートと幅広い情報が掲載されているサイトです。

1つ1つの病気に対しての情報量が多いわけではないのですが、『メンタルヘルス』を中心とした、横断的な情報検索ができます。

いくつかの病気の可能性を指摘された場合、まずざっくりと治療法などを知りたい場合に便利です。

 

塩野義×日本イーライリリー うつ病-こころとからだ-

塩野義,うつ病,啓発

http://utsu.ne.jp/

塩野義製薬と日本イーライリリー株式会社によるサイト。

症状のチェックシートや症状そのものへの説明も役に立ちますが、特に病院検索(外部サイト)、うつ病と診断された方への情報提供もあります。

『次の診察に向けて』というページは、初めて精神疾患で病院にかかったときに参考にしました。

 

グラクソ・スミスクライン utsu.jp

グラクソスミスクライン,うつ,サイト

http://utsu.jp/

うつという文字が入っていますが、不安障害全般に関しても説明あり

上述の塩野義製薬のサイトのように病院検索がついているほか、写真の『うつ病の私や家族を支えてくれた“ことばの贈り物”』といったコンテンツも魅力です。

ちなみに、グラクソ・スミスクラインは社交不安障害の専門サイトも運営しています。

http://utsu.jp/sad/index.html

 

UTU-NET「うつをこえて」ホームページ

強迫性障害,不安障害,うつ

http://www.utu-net.com/

日本うつ病センターが運営するサイトで、こちらも私が病気を診断されてしばらくお世話になったサイトです。

精神科って怖い…精神科に行くなんて恥ずかしいと思っている方は、ここのサイトの『バーチャル精神科』を体験してみるのがおすすめです。

病気に関してはうつ病、パニック障害、強迫性障害の説明となっています。

 

小さなことが気になるあなたへ

強迫性障害,専門,サイト

http://ocd-net.jp/

こちらは強迫性障害の専門サイトで、OCD研究会が主催しています。

病院検索あり、コラムが1か月に1回くらい更新されるので暇暇見に行っています。

あと、やはり専門サイトだけあって強迫性障害関連の情報は充実してます。

出てくるうさぎさんのキャラクターが可愛いのも高評価…!!

 

IBSネット No More!下痢・リピ

IBS,過敏性腸症候群

http://ibsnet.jp/

ストレスと関わりのある過敏性腸症候群(IBS)の専門サイトです。

病気の説明、治療法、病院検索などがそろっているだけではなくアニメーションで楽しくIBSがわかります。

あと、『女神ちゃんと原井田くんの元気度アップレッスン』はかなり実用的。

専門家がコミュニケーション術やヨガ、ツボなどを教えてくれます。

別にIBSじゃなくてもストレスに弱い人におススメしたいコンテンツです。

 

Suimin.net すこやかな眠りのために…

不眠症,サイト,睡眠障害

http://www.suimin.net/

動物が山ほど出てくる私好みの展開^-^

ヤマネ先生の悩み相談コンテンツと睡眠日誌は実用性が高いです。

もちろん、キャラクターによる説明だけではなく文章説明もあるので、好きな方を選んで睡眠障害について知ることができます。

資料集や睡眠用語集など、かなり専門的な情報もたくさん。

 

ゆうメンタルクリニック マンガで分かる心療内科

http://yusb.net/manga

啓発…といえるかはわからないけど、とりあえずものすごく簡単に精神科や心療内科、そこに関連する病気のことがわかります

1話に1回くらい下ネタが入るのでそこは承知の上で読むと、楽しく読めます、たぶん。

本格的に病気で落ち込んでた時は読んでも楽しい気分になれなくて知ってはいても読みませんでしたが、回復期にはけっこうチェックしました。

 

hanaminangokuそんなわけで私が実際に見ていたサイトを中心に不安障害やうつ、ストレスに関連する病気の啓発・情報サイトを紹介しました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます><!

 - ブログ・体験談