起立性調節障害の治療-光、整体、ツボ押し-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/16

この記事を読むのにかかる時間: 334

学生に特に多い『起立性調節障害』について症状や治療法、必要な栄養などを見てきましたが、最後に日常生活で使えるちょっとした対策を紹介したいと思います。

名付けて『起立性調節障害の治療-光、整体、ツボ押し-』、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

起立性調節障害にも光療法が効く!

起立性調節障害の問題の1つが、体内で正しい1日のリズムを刻めないということ。

1日のリズムを刻むためには朝に光をしっかり浴びて交感神経をONにすることが重要です。

そこでまず行いたいのがカーテンを開けて外の光をしっかりと取り入れることです。

太陽光は晴れの日で1万ルクス、雨の日でも5000ルクスはあります。

例え実際に体を起こすことができなくてもまずは光を浴びてみましょう。

また、私が住む北海道のように冬になると日が昇るのが非常に遅いという場合は光目覚ましの使用もおすすめです。

この間『inti SQUARE』を使った時のレビューをアップしたのでそちらも参考にしてみてください。

 

光目覚まし時計比較特集!機能別TOP3・総合ランキング

光目覚まし『inti SQUARE』を不安障害患者がレビュー

 

起立性調節障害と整体

起立性調節障害を体の面から見てみると、首のカーブが真っ直ぐに近い状態になっている『ストレートネック』との関係性が指摘されています。

そのため、整体治療でストレートネックを治すことにより起立性調節障害が治るケースもあるようです。

壁にかかととおしり、そして背中、後頭部をつけたときに体を反らせないと後頭部が壁につかない方はストレートネックの可能性が強いです。

整体院を訪れてみるのも良いですし、下記で紹介するストレートネック解消法を試してみるのも良いです。

 

枕を手作りしてみる

ストレートネックの解消法の1つが、ストレートネック用の枕を手作りしてみることです。

手作りとは言ってもタオルが5枚あれば出来てしまうので、家にあるもらいもののバスタオルや、買うのであれば業務用のものを買えば安く済みます^-^

詳しい作り方の動画を見つけたので、ぜひ作ってみてください!

作るのが面倒な場合はストレートネック用の枕を買ってみるという手もあります。

ストレートネック用枕

 

体操やストレッチ

ストレートネックの改善方法の1つにストレッチ・体操などがあります。

こちらも動画があるので紹介しますね。

これ以外にも『ストレートネック 改善』や『ストレートネック ストレッチ』などで検索すると色んな体操・ストレッチが出てきますので、自分やお子さんに合ったものを探して行ってみてください。

 

起立性調節障害に効くツボは?

このツボ!というよりも全体としてやっておきたいのが『爪揉み』です。

爪は神経系と深いかかわりがあり、爪をもむことで自律神経が整うと言われています。

薬指は交感神経とつながっているので朝一番は薬指を、夜は薬指以外の4本の指をもんでみてください。

足の指も手の指も、手の親指と人差し指で爪を左右から押さえるように10秒くらいもめばOKです。

また、落ち込みや悲しみなどの精神症状が強い場合は以前紹介した不安に効くツボを押すのもおすすめです。

 

不安に効くツボを覚えよう

 

asako2今回で起立性調節障害の基本的な治療法や生活の注意点は終了!

今後もちょこちょこ情報を更新することがあると思いますので、よろしくお願いします。

 - 眠りの問題, 起立性調節障害