薬を飲み忘れた時の正しい対処法と飲み忘れ予防法・グッズ・アプリ

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/16

この記事を読むのにかかる時間: 413

いくつかの病院に通ったりすると、飲む薬の種類が自然と多くなってしまうこともありますよね。

今日は、薬の飲み忘れの際の対処と飲み忘れ対策法・グッズ・アプリを紹介したいと思います。

というのも、先日私自身が薬を飲み忘れてしまって、自分のための備忘録的な意味もありますw

スポンサーリンク


SSRIを飲み忘れてひどい目に

去年の1月頃にも『体験談:初めてのSSRI離脱症状』という記事で、うっかり2日もSSRIを飲み忘れたというお話をしましたが…またやらかしました:;

今回は1日なんですが、飲み忘れた次の日にお出かけとかして若干ストレスがかかるような生活になったのもあって、ひどい目に遭いました。

まずは何と言ってもめまい

前回は浮動性のめまいでしたが今回はぐるぐるする回転性のめまいもありました。

めまいがひどすぎて起き上がることが難しい、何か口に入れると気持ち悪いという症状が1日半くらい続きました。

そして前回も感じた頭痛・頭重感もさらにひどくなりました。

すべてにおいて、前回うっかり2日抜いてしまった時よりもひどい症状に悩まされました。

しかもSSRIを飲んでもその後半日くらいは治らないという:;

 

半減期が短い薬には要注意!

私の飲んでいるSSRIはデプロメール(ルボックス)というもので、さまざまなSSRIのなかでも半減期(薬の血中濃度が半分になる時間)が短いです。

ジェイゾロフトは22-24時間程度なのに比べてデプロメール(ルボックス)はおよそ9時間。

この半減期が短ければそれだけ離脱症状が早く出やすいというデメリットも。

血中濃度の半減期については以下のページに掲載しているので、チェックしてみてください↓

主なベンゾジアゼピン・SSRI・タンドスピロン

 

薬を飲み忘れたときはどうすればいいの?

薬,飲み忘れ,対策,対処法
うつ病や精神疾患の薬を飲み忘れた時の適切な対応は、『気付いた時点で、もともと飲む予定だった容量を摂取する』です。

1回抜いたから2倍飲んだりする必要はなく、時間についてもそこまで敏感になる必要はありません。

逆に時間を守ろうと思って薬がない状態が続くのも問題なので、気づいた時点で飲むことを意識してください。

 

薬の飲み忘れ対策法・グッズ・アプリ

薬は飲み忘れないように予防するのが一番!ということで、薬の飲み忘れを防止するための方法やグッズ、アプリなどを紹介していきたいと思います。

 

薬を置く場所を決める

整理整頓の基本ともいえるのが、ものに対して居場所を作ってあげること。

薬の場合も同じで、どこに薬があるかっていうのがわかっていると飲み忘れも少なくなります。

私は食卓近くのサイドボードに薬専用のかごを置いています。

病院に通い始めたころは薬を袋に入れたままにしていましたが、それより一度かごに出したり下記で紹介するグッズを使った方が便利だなと感じています。

 

お薬ケースやお薬カレンダーで管理

これは必須!病院に行って薬をもらったらまずは帰りにお薬ケースかお薬カレンダーを買って帰りましょうと言いたいくらいですw

私はこんな感じの↓ものを使っていますが、使いやすければ何でもありです。

03-kusuri

 

シンプルタイプのアプリ-メディセーフの薬リマインダー

薬,飲み忘れ,防止,アラーム,アプリ,アンドロイド,Android,iPhone
アプリには色々ありますが、個人的にはシンプルで使いやすいタイプがおススメです^^

憂鬱な時期や心がささくれ立ってくると管理すらめんどくさくなるので、薬のアラート機能がシンプルな『メディセーフの薬リマインダー』とかがよいかと。

血圧や血糖値の記入ができるほか、一番のポイントとなる薬のアラート機能部分が使いやすいです。

AndroidiPhone

薬,飲み忘れ,防止,アラーム,アプリ,アンドロイド,Android,iPhone

 

進化型のアラーム付きお薬ケース

スマホを持っていない、あるいはスマホはあんまり見ないって方には進化型のお薬ケースもおススメです。

これはアラームタイプのケースなので、薬ケースさえ身近にあれば忘れることなく飲めるのが特徴です。

会社等に薬を持っていくときにはあんまり有用でないと思いますが、家にいることが多い場合は使えます。

ただ、時計が1分くらいずれることがあるとの口コミもあったので、正確さを求める方には向かないかもしれません:;

 

hanami7今回は薬の飲み忘れ対策法を紹介しました。

ちょっとした工夫で飲み忘れは防げるので、ぜひ試してみてください^^

私も今後はより一層気を付けていきたいと思います。

 - ブログ・体験談