精神科の待ち時間と暇つぶしの方法に関するアンケート結果!

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/05/26

この記事を読むのにかかる時間: 432

5月9日までおよそ1か月ほど行っていた、『精神科の待ち時間』に関するアンケート。

今どきの精神科は予約制?それとも非予約制?実際のところの待ち時間は?待つ間の暇つぶしって?などの質問に、なんと44名もの方が答えてくれました:;

皆さま、本当にありがとうございます!

今回はその結果をまとめて、今精神科に通っている方やこれから通おうと思っている方のお役にたてればと思います^-^

スポンサーリンク


今どきの精神科は予約制が多め?

精神科,予約,取れない,しない私の住んでいる田舎町でも予約制の精神科が増えていますが、このアンケートでも63%が精神科に予約を入れて通っていることがわかりました。

初診の方にとっては予約が取りにくいというデメリットがありますが、初診に時間がかかる精神科の特性上しょうがない部分もあるのかもしれませんね。

また、予約制でない病院に比べると待ち時間が少なく、現在通っている患者さんにメリットがあることも予約制ならではの特徴と言えるでしょう。

では、実際のところ予約制の病院とそうでない病院では待ち時間が違うのかを見ていきましょう♪

 

予約制・非予約制の精神科の待ち時間

精神科,待ち時間まず予約制の精神科の待ち時間でもっとも多いのは6-15分

続いて、16-30分、31-60分となっています。

私は非予約制(薬がなくなったら来てくださいみたいな半予約?)の病院に通っているのですが、予約制でも1時間以上待つことがあるんだなぁとびっくりしました。

精神科,待ち時間

一方で、こちらが非予約制の待ち時間。予想通り非予約制の精神科の待ち時間は61分以上が多く、皆さんかなり待っているんだなということがわかりました。

もちろん今回の調査は大規模なものではないので参考程度の数字となりますが、非予約制の精神科に行くときは何らかの暇つぶしが必須のようです。

 

ちなみに:飛び込み受診はできるの?

近所に予約制の精神科しかなく、でも予約を待っていると数か月先になることも…なんてこともあるかもしれません。

そんなとき、飛び込み受診をするのは『制度的には可能』です。

医師には医師法で決まっている『応召義務』というものがあり、基本的には来た患者さんを拒むことはできません。

ただし、あくまでも最後の手段として考えておくことが重要です!

基本的には予約の時期をしっかり待つか、非予約制の病院を探しましょう。

 

みんな、どんな暇つぶししてるの?

予約制・非予約制に分けずに考えてみても、70%が15分を超える待ち時間となっています。

その間みんなどんなふうに暇つぶししてるのかな?おすすめの暇つぶしってあるのかな?と思って自由記入欄に書いてもらったのですが結構色んな答えがありました!

それを簡単にまとめてみますね。

 

スマホ活用

精神科,待ち時間,スマホ,病院2014年に電波環境協議会によって『病院内の携帯電話の使用は原則OK』という指針が出されました。

検査室や手術室ではNG、診察室でも電気機器から遠ざけるなどの制限はありますが、待合室は全面的にOKです。

というわけで、暇つぶしにもスマホを使う方が多かったです。

スマホでゲーム、ニュースを見る、ツイッターなどのSNS、LINEやメールがありました。

電波が悪くてもニュースが読める『Smart News』を使っている方も結構いるようで、病院内の電波が悪い私にはとても有用な情報でした。

ありがとうございます!

 

読書やテレビ

続いて多かったのは読書やテレビ。漫画や小説などを自分で持って行ったり、病院にある本を適当に持ってきて読んだりといった暇つぶしがありました。

今まで読んだことがなかったけど、見てみると結構面白いという意見もあって、私も読んでみようと感じました。

私の通っている病院には、なぜか院長が出版した本が置いてありますw

 

音楽

精神科,待ち時間,暇つぶしスマホ、読書に次いで多かったのは『音楽を聴く』という回答。

今はスマホでも音楽が聴けますし、音楽専用のデバイスも小さくて持ち運びやすいですしね。

余談ですが、怒鳴り声や罵声を浴びて育った子は聴覚を司っている部分が敏感に反応しやすいようです。

そういう方こそ、長い待ち時間で疲弊しないためにも好きな曲を聴いてみたりするのがおすすめです♪

 

その他

その他には喫茶店に行く、精神保健福祉士さんと会話する、医者に話すことをメモしておく、他の患者さんの観察などがありました。

また、『呼ばれるまでに考えることがたくさんで暇なんかない』との答えも!

症状がたくさん出ているときや周囲の環境に敏感だったり、強迫性障害の不潔恐怖だったりすると確かに症状の方に気持ちを取られて暇と感じないですよね。

 

piyoko2今回のアンケートで、自分と同じように精神科に通う方がどんなふうに過ごしているのか、どれくらい待っているのかなどを知れてとてもためになりました!

暇つぶしの仕方が自分と同じで親近感を覚えたり、こんなアプリもあるんだな!って勉強になったり。

協力していただいた44名の方、本当にありがとうございました^-^

皆さまのお役に立てるように、これからもしっかりサイト運営していきます。

 - ブログ・体験談