ストレスと耳の病気-耳が痛いとき、耳が聞こえにくいとき-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/05

この記事を読むのにかかる時間: 79

以前ストレスからくる耳鳴りについては考えられる病気や対処法などを紹介しましたが、今回は耳鳴りだけではなく耳全体の症状について紹介していきたいと思います。

ストレスで起きる耳の痛み、耳かきとストレスについてなどを早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

ストレスで耳が痛いときに考えられる病気

まずは、耳が痛いときに考えられるストレスと関係する病気を紹介します。

もちろん今回紹介する病気がすべてではなく、よく見られる病気をまとめました。

ストレスと耳鳴りの関係性や病気についてはこちらを参照してください。

ストレスで耳鳴りが起きる仕組みと病気の種類、治療、予防法

耳下腺炎

耳,ストレス,病気,痛い,耳の痛み,耳が痛い,耳下腺炎,おたふく風邪,中耳炎,原因
流行性の耳下腺炎はおたふくかぜのことですが、この耳下腺炎には反復性のものもあります。

ストレスを感じることでおたふくかぜが起きると考えてください。

耳や頬の周辺が腫れ、痛みを感じるのが大きな特徴で、発熱を伴うこともあります。

どちらかといえば子供に多い病気で、5-6歳がピークと言われています。

 

急性中耳炎

中耳炎は菌が鼻の奥から耳に入ってくることで起きる病気で、子供のころにはしょっちゅう中耳炎になったという方もいるかもしれません。

免疫力が弱っているときにかかりやすいのですが、ストレスによっても免疫力が低下するため、ストレスも中耳炎の原因になり得ます。

耳の痛みはかなり強烈な他、熱が出たり鼻水が出たりするのも特徴です。

 

耳性帯状疱疹

耳,ストレス,病気,原因,耳が痛い,痛い,耳の痛み,帯状疱疹,頭痛,片頭痛
耳性帯状疱疹とは耳にできる帯状疱疹(ヘルペス)のことで、耳全体や耳の入り口付近に小さな水泡ができます。

このとき特徴的なのは片方の耳のみに帯状疱疹ができることですので、このポイントはよく覚えておきましょう。

耳の痛みの他の症状には発熱、顔面の神経麻痺、めまいなどがあります。

この耳性帯状疱疹という病気は正確な原因は不明なのですが、ストレスとの関係性や糖尿病との関係性が指摘されています。

 

頭痛

日常的によく起きる頭痛にはズキズキが特徴の片頭痛と、ぼんやりした痛みと重みが特徴の緊張型頭痛があります。

緊張型頭痛の主な症状は頭重感や痛みですが、耳が痛む方もいるようです。

耳の痛みの特徴は耳の奥の方、後頭部に近い部分がズーンと重くなったように痛みます。

一方で片頭痛の場合は、同じく耳の奥の方が脈打つように痛むのが特徴です。

片頭痛と緊張型頭痛は対処の仕方が真逆で、片頭痛では冷やすことが、緊張型頭痛では温めることが有用な方法です。

どちらの頭痛もストレスが引き金になって起きることがわかっており、割合は緊張型頭痛が片頭痛の3倍程度という研究結果があります。

参照:Sakai F,Igarashi H.Prevalence of migraine in Japan : a nationwide survey. Cephalalgia. 1997 ; 17 : 15-22.

 

リンパ節炎

耳,ストレス,耳の痛み,病気,原因,耳が痛い,リンパ節炎,顎関節症,特徴
首にあるリンパ節が腫れる病気である、リンパ節炎。

耳というよりも限りなく首に近い、耳と首の付け根付近が痛むのが特徴です。

また、発熱とともに首を触った時のしこりを確認できればリンパ節炎の可能性が高まります。

基本的には風邪などの細菌感染を契機に発生するリンパ節炎ですが、ストレスで免疫力が弱ると中耳炎のようにリンパ節にも細菌感染が起きます。

 

顎関節症

顎関節症とはあご周辺に異常が生じる病気で、あごの痛みや口が開けにくくものを食べるのが難しいといった症状があります。

当然あごの周辺にある耳にも影響が及び、耳鳴りや耳の痛み、耳が詰まって音がもやっとすることがあるのです。

ストレスが生じると歯ぎしり、無意識に口の奥の方に力を入れてしまうことが多くなり、その結果あごが必要以上の負荷を受けることになります。

20-30代の若い女性、性格的には神経質でこまかい方がなりやすい病気とも言われています。

 

ストレス×耳の痛みの病気の見分け方

上記で紹介した以外の病気の可能性もありますので、異常を感じたら内科や耳鼻科に診察に行くのが一番です!

ですが参考までに、ここまで見てきた病気の簡単な見分け方を紹介しておきます。

あくまでも可能性ですので、気になる症状があれば病院でしっかりと診断してもらってください。

asako1
・耳の後ろがズーンと痛い×肩や首がこる→緊張型頭痛

・耳の後ろが脈打つように痛い×頭全体も痛い→片頭痛

・耳と首の付け根が痛い×首にしこり→リンパ節炎

・耳が痛い×片方の耳に水泡がある→耳性帯状疱疹

耳と頬が痛い×発熱→耳下腺炎(おたふく風邪)

・耳の激痛×片方が聞こえない×発熱→急性中耳炎

・耳が痛い×あご周辺に異常→顎関節症

 

ストレスで耳が聞こえにくくなる病気は?

次に同じくストレスと耳の病気について、耳が痛いのではなく聞こえにくくなる病気の症状と治療を紹介していきたいと思います。

突発性難聴

ストレス,耳,遠くなる,聞こえにくい,難聴,原因,病気,低音
ストレスで耳が聞こえにくくなる病気と言えば、突発性難聴が代表です。

正確に言うと片方の耳が音をシャットダウンしてしまうのでまったく聞こえません。

ごくまれに両耳に突発性難聴が起きることもありますが、基本的には片方の耳だけが急に聞こえなくなります。

この突発性難聴ですがより早く治療を行わなければいけない病気で、突発性難聴を1週間も放っておくと治療困難でそのまま聴力に影響を及ぼす場合があります。

私が小学生だった頃クラスに突発性難聴を発症した子がいましたが、その日のうちに治療を開始したところ、しっかり治り今も聴力には影響なく過ごしているそうです。

 

突発性難聴の特徴

・原因不明だがストレスの可能性も考えられる

・片方の耳が急に聞こえなくなる

・予兆として非常に軽いめまいを伴うことがある

・一刻も早く耳鼻科での検査と治療が必要

 

低音障害型難聴

低音障害型難聴については耳鳴りとストレスのところでも軽く紹介しましたが、ここで改めて詳しく紹介しますね。

低音障害型難聴は、聴覚を司っている蝸牛という部分に内リンパ液が過剰に溜まった状態です。

メニエール病の場合は前庭にも内リンパ液が溜まりますが、基本的な病気の形としては低音障害型難聴とメニエール病はよく似ています。

低音障害型難聴は突発性難聴と違って耳がまったく聞こえなくなることはなく、耳が詰まって音を聞き取りにくいのが特徴。

また耳鳴りの方はピーという高い音ではなく、ボー、ゴーというような低い音が特徴となっています。

 

低音障害型難聴の特徴

・耳は聞こえないというよりも詰まって、耳が遠くなった感じ

・ボー、ゴーという低い音の耳鳴り

・20-40代の女性に多い

・疲れやストレスで反復しやすい病気

 

心因性難聴

ストレス,耳,難聴,耳が遠くなる,耳が聞こえない,原因,病気
突発性難聴の場合は原因は不明ですが、耳では音を脳へ伝える有毛細胞の異常が起きていることがわかっています。

一方、耳の方にはまったく異常がないのにいきなり耳が聞こえにくくなるのが心因性難聴です。

どちらかといえば学童期の子供に多い難聴で、学校の人間関係が複雑だったり、学業や習い事などの場面で心理的に悩む部分が多いと心因性難聴を発症しやすくなります。

耳には問題がないので、心因性難聴の治療は主に精神科で行われます。

 

心因性難聴の特徴

・両耳に症状が現れるのがほとんど

・学童期から思春期の子供に多い

・ストレスとの関わりが特に強い

・耳には異常はない

 

hanaminangoku今回は、ストレスと関係して『耳の痛み』、『耳の聞こえにくさ』などの症状を呈する病気を見てきました。

長い記事でしたが、ここまで読んでくださってありがとうございます。

次回は耳かきによるストレス解消の効果と危険性について紹介する予定です^-^

 

参考サイト

流行性耳下腺炎|東京都感染症情報センター

顎関節症|ティーペック健康ニュース

ストレスが原因か 20~30代女性に増える低音難聴|NIKKEI STYLE

 - 気になる心・体の症状・病気