【体験談】初心者がネットの知識でマインドフルネスをやってみた。

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事の読了時間: 440

このサイトでは2回ほどマインドフルネス療法、マインドフルネス瞑想について扱っています。

マインドフルネス瞑想/療法ってどんなもの?

簡単にできるマインドフルネス瞑想のやり方まとめ

やっぱりサイトで紹介するなら実践も必要だ!と思って、わずかな間ではありますが実践してみました。

ここでは、実際に私がマインドフルネス瞑想に取り組んで感じたことをシェアしていきますね。

なお、私は専門家の指導を受けておらずネットや本の知識で取り組んでいます。

 

スポンサーリンク


結果1.マインドフルネス瞑想は難しい!

マインドフルネス瞑想では心が揺れ動いても失敗ではない、と言われています。

心や考えが揺れ動くのは当然のことなので、その部分もとらえていくことが大事です。

でも…実際心が揺れ動くのを15分間日々座って観察し続けるのは私にはちょっと難しかったです。。

 

結果2.なんだかマインドフルネスに使う時間が惜しい

たぶん『難しいなー』とか『大変だ』と感じてるからかもしれませんが、ついにたかが15分を惜しむようになってしまいました^^;

その時間に行動したい!という欲がわいてきて、結局最終的にマインドフルネス瞑想から遠ざかったっていうのがあります。

暇なのにそこ惜しんでどうする!って感じですが、やっぱり大変だと思うもの、抵抗のあるものを続けるのは大変でした。

 

専門家の助けを借りれば違うかも!

マインドフルネス,瞑想,北海道
結果1と2を見ると私のマインドフルネス瞑想は完全に失敗の部類ですが、今回実践したのはあくまでネットと本で見ただけの情報。

なので、専門家の助けを借りたりみんなで瞑想したり…ってことをすれば違う結果が出るのではないかと思います。

首都圏だとそういうイベント、施設もあったりしますしね。

私の住んでいる北海道では、もっとも人口が多い札幌でもたまにイベントが行われている程度なので今のところは難しそうです。

 

マインドフルネスに生きてみる

瞑想がうまくいかなくてもマインドフルネス自体には期待を持っていたので、次はマインドフルネスに生きてみるということに挑戦しました。

例えば、食事を人生最後のものと思って味わってみるとか、掃除をするときにこれが私にできる最大限と思うくらい掃除に集中してみたりとか。

瞑想よりも日常生活にリンクしている分やりやすいかなーと思って始めたのですが、これが当たりでした。

集中力がなくて考えがあちこち飛んでしまう、私と似たようなタイプの方はこちらか始めてみるとよいかもしれません。

 

具体的にマインドフルネスな動きをする

マインドフルネス,療法,やり方,効果
具体的にどんなことを意識してやったかというのを簡単に書いてみます。

例えば掃除の場合だと、まずは掃除をしている自分の動きに注目します。

手が掃除機をグリップする感覚、前後に腕を動かす感覚、足を床につける感覚など…。

次に音や視界に集中します。

掃除機がガーガー言う音、周囲の環境音、目の前で埃や床に落ちた髪の毛が吸い取られていく様子など。

それを掃除が終わるまでひたすらやるだけです。

 

注意点:感覚過敏の人へ

私は聴覚が過敏なのですが、どこかの感覚が過敏だとそこに集中するときに不快感が大きくなるケースもあるかなと感じました。

気持ちや腕・足などの動きの感覚に身を任せていた方が音に身を任せるよりも私は楽だったので、参考までに。

感覚が鋭敏になりすぎてつらいという場合は、最初はそこの感覚への集中を外してもよいと思います。

 

マインドフルネスな動き/家事の効果

マインドフルネス,やり方,効果
劇的に変わった!というわけではありませんが、静かな時間を感じられるようになりました。

相変わらず強迫観念とかが頭を渦巻いてはいるのですが、それなのに妙に静かだったり落ち着いた時間があります。

あと、時間の流れがゆっくりになったような気がします。

同じように5分なら5分の動きのはずなのに、なんだか長く感じるのが不思議です。

 

ものごとに集中すればストレスが緩和される可能性

ちょうどGIGAZINEさんに『皿洗いとストレス緩和』の話が掲載されていました。

これは51人の被験者を対象にして、皿洗いに集中することでストレスが低下したという実験結果です。

具体的な要因はまだわかっていないものの、日常の何気ない行動を意図的に行うと心の平静が得られる可能性が指摘されました。

今回やったマインドフルネスな日常生活に近いものがあるかなと感じます。

 

まとめ

マインドフルネス,療法,瞑想,体験,実践,効果,注意
・マインドフルネス瞑想は難しかった

・専門家の助けを借りればまた違う結果が得られるかもしれない

・ネットの知識だけでもマインドフルネスな家事などはできた

・感覚過敏の人は過敏になりやすい感覚に集中しすぎない方がよいと感じた

 

egaohanamiというわけで、マインドフルネスライフには現在も挑戦中です。

1つ1つが丁寧になったような気がして、単純に丁寧に生きている感覚が楽しくなってきたのもありますが。

また何か変化があればシェアしていきますね!

追記:この記事を書いてしばらくさまざまな方法を実践し、自分なりのマインドフルネスの方法をつかみました。以下記事で紹介しています。

初心者が発見したおすすめのマインドフルネスの方法

 - ブログ・体験談