「お母さん、娘をやめていいですか」が面白い!【NHK毎週金曜夜10時】

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

   

この記事を読むのにかかる時間: 41

こんばんは!はなみです^^

先週から始まったnhkのドラマ『お母さん、娘をやめていいですか』がすごく面白くて、母娘の関係性に悩む方にぜひおすすめしたいなと思って記事を書いています。

簡単な概要と、ちょっとした鑑賞ポイントをまとめてみました♪


スポンサーリンク

どんなドラマ?

『複雑に絡んだ母娘の物語』が描かれたドラマです。

主人公は波瑠さん演じる25歳の教師・早瀬美月。

斎藤由貴さん演じる母の顕子は娘のサポートに徹するというか、娘を管理したい母親として描かれています。

母と娘の蜜月のような関係が柳楽優弥さん演じる松島という男性によって徐々に変わっていき…というストーリーです。

公式サイトでキャストやお知らせなどがさらに詳しく紹介されています。

http://www.nhk.or.jp/nagoya/okamusu/

 

臨床心理考証担当に信田さよ子さん!

今回のドラマの中心軸となるのが、支配的な母親と無意識に母親の顔色をうかがう依存的な性格を持つ娘の関係。

この母娘関係のテーマのプロと言えば、私は第一に臨床心理士の信田さよ子さんを思い浮かべます。

『母が重くてたまらない』などの著書が有名なのはもちろん、アダルトチルドレン研究においても日本では第一人者と言える方です。

その信田さんがドラマの臨床心理考証に参加されているので、リアルさはお墨付きです。

 

鑑賞ポイント1.母娘の『視線』

AC,ドラマ,お母さん、娘をやめていいですか,お母さん、娘をやめてもいいですか,nhk

1話目を見ていたときに感じたのですが、美月の視線に出る本心と発する言葉が一致していなくて、危うい感じに引き込まれました。

私、波瑠さんという女優さんの演技は初めて見るんですが、やっぱり女優さんはすごい!!

人の顔色伺い生活18年くらいの経歴を持つ私が見ても、『その目の動かし方やるよね!』っていうくらいのリアルさです。

お母さんの方は表情や声のトーンが派手な雰囲気で描かれていますが、本心が出るのはやっぱり視線かなと感じました。

なので、母娘の複雑な関係をじっくり見て味わいたい方はセリフと視線のアンバランスさに注目してみると面白いかもです♪

 

鑑賞ポイント2.世代間連鎖

AC,アダルトチルドレン,世代間連鎖

作中には玲子という名前の美月のおばあちゃん(顕子の実の母)が出てくるのですが、美月-顕子親子だけではなく、顕子-玲子親子の関係にも注目してみると面白そうです。

ちなみに顕子の母の玲子は大空眞弓さんが演じています。

 

世代間連鎖は共依存やアダルトチルドレンについて調べると必ず出てくる単語です。

どんな人にとっても家族は最初に接する『集団』で、その後の対人関係や家族観のベースを作ります。

無意識のうちに自分の育った家のルールやモデルを、自分の作る家庭に反映させてしまうことがあるんです。

 

例えば一方に何でもやってあげる母親がいて、一方に何でも頼んでくる母親がいるとします。

2人の母親はまったく違うように見えますが、『子供の意思を無視して支配する』という目的自体は一緒だったりします。

単純に同じことをするというよりは、ベースの要素を引き継ぐ世代間連鎖があると考える方が妥当かもしれません。

いずれにしても、全8話のドラマの中で世代間連鎖が解決の方向に向かうのか注目してみたいと思います!

 

鑑賞ポイント3.頑張れ!お父さん

AC,アダルトチルドレン,毒親

1話では美月のお父さんはほとんど存在感がありません

私と母は家族3人が新居を下見に来るシーンでお父さんを業者さんと勘違いしてました(汗)

会社では閑職でいつ辞めさせられるかわからず、娘と妻の言うことには一切逆らわないといった風に描かれていたと思います。

娘の仕事や妻の趣味にも特に関心がなさそうで、典型的な『仕事はするが家族に興味のない』父親像と言えそうです。

この家族への無関心が妻子に与えた影響があるんじゃないかな?という気がします。

家族再生を考える点でもお父さんがどれだけ自分の言葉で話せるかはポイントになってくるかもしれません。

考えるとこの3人家族、誰1人家庭で本音を言えてないんですよね…怖い…!!

 

アダルトチルドレン問題で悩んでいる方の中でも、ある程度親の問題を自覚して落ち着いてきた方にはおすすめのドラマです^^

気分があまりにも落ち込んでる時や混乱してる時に見るとさらに落ち込みそうな闇を持っているのでご注意を…!

 - コラム