眠れない時のツボ6選とツボ刺激のメカニズム・コツ・方法まとめ

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/06/11

この記事を読むのにかかる時間: 1247

眠れない人にはツボ押しがおすすめ!という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

ここでは寝れないことで予想される影響、どうしてツボ押しがよいのか、どんな方法がおすすめか、具体的なツボを紹介していきたいと思います。

理論とかデータはいいから早くおすすめの方法や安眠ツボを確認したい方はここをクリックしてください^^

寝れないことは想像以上に大変

寝れない日が続いていても、『少しくらいの不眠でもどうにかやっていけてるから…』という方もいるかもしれません。

私は学生時代は後者でした。

受験のストレスとかで睡眠時間が減っても、『でもなんだかんだ言って学校行けてるから』って言い聞かせてましたΣ

ですが、寝れないことは実は想像以上に大変なことなんです。

なぜか?をこれから説明していきます。

 

寝れないと感情がコントロールできない

怒る女性となだめる彼氏

以前、『睡眠不足の影響研究4選+最低限の睡眠時間、自分に合った睡眠時間を考える』という記事でも紹介した研究です。[1]

徹夜した組はしっかり睡眠を取った組に比べてささいな刺激にも過剰反応することが明らかになりました。

感情の抑えが利かないということは、対人関係での苦労が考えられます。

パートナーに対して、会社の同僚に対して普段なら気にならないことが気になってイライラしたり、落ち込んだりというのが具体例です。

 

寝れないと老ける

杖をつくおばあさん

スウェーデン、アメリカでの研究でわかったことです。[2][3]

一晩の徹夜でも遺伝子レベルでは老化速度に影響を与えます。

体はもともとやがては衰えますが、そのスピードが速くなるのはやっぱり嫌ですよね。

スウェーデンの研究では健康な標準体型の男性15人が、アメリカの研究では61-86歳の29人が対象です。

なので全年代、全年齢に当てはまるとはまだはっきりと言えません。

今後年代別の研究も進むかと思われます。

 

病気・事故のリスクが上がる

事故をおこした車

・集中力、判断力、記憶力の低下

・交通事故を起こしやすくなる(集中力、判断力の低下による)

・心臓病、高血圧、糖尿病、うつ病などの疾病リスクの増加

・体重の増加

・性欲の低下

 

ツボでコトンと眠りに落ちる

ツボが働くメカニズム

エネルギーの流れ

まず、そもそもツボって何?というと…

ツボ=気(生命エネルギー)の経路が滞っているときの反応点

です。

簡単に言えば、ツボは気が滞っていることを教えてくれるサインとなる場所です。

 

ツボを刺激すると東洋医学的にはこんなことが起きます。

1.ツボを押すと滞っていた気の流れが良くなる

2.気(エネルギー)が全身に流れることで、内臓の働きがよくなる

3.内臓が元気になって自然治癒力アップ!

 

一方で西洋医学的にも徐々にツボ刺激の効果を説明できるようになってきています。

※ただし、まだ完璧にその作用機序や効果を裏付ける研究はありません。

1.ツボを押すと知覚神経が刺激を受ける

2.刺激が脳の視床下部に伝わり、自律神経系が影響を受ける

3.視床下部からの指令で各内臓の働きが調整される

 

6か月のツボ指圧で眠れるように!

眠る熊と羊のぬいぐるみ

2013年の『神経精神疾患と治療ジャーナル』で不眠症への指圧治療に関する論文が掲載されました。[4]

これは25人の不眠症の青年の睡眠状態を治療前と6か月の指圧治療後で比較するというもの。

指圧治療とはいってもシーバンドというリストバンド型の指圧装置を使いました。

結果、6か月後には入眠までにかかる時間の減少、睡眠効率の増加がみられました。

 

上記とは別に、2016年には385例を対象にした7件のツボと睡眠に関する研究分析が行われました。[5]

この分析では、ピッツバーグ睡眠質問票のスコアで13-19%の改善が見られたという結果が出ています。

※ピッツバーグ睡眠質問票は睡眠障害の評価によく使われています。

 

こんな人にはツボ押しをおすすめしない

万能そうに見えるツボ押しですが、実はおすすめしない人もいます。

 

概日リズムがすでに乱れている

昼と夜

概日リズムとは1日のリズムのことで、概日リズムが乱れているときはこんな感じです。

 

 昼夜逆転の生活をしている

 朝起きられなくて、仕事や学校に支障がある(若者に多い)

 夜中に起きてしまう(高齢者に多い)

 

このような症状ではツボ押しで自律神経系を整えるよりも、高照度光療法で概日リズムにアプローチした方が早いです。

ツボ押しで対応できないことはありませんが、専門的な勉強・実践を重ねたプロのもとに行く必要があります。

それを考えると、多くのケースでより早く概日リズムを治すには高照度光療法の方がおすすめです。

具体的には以前の記事で紹介しているので、参考までにどうぞ。

光で疲れを取れる仕組みと研究結果、正しい光の浴び方まとめ

 

重篤な病気、即効性のある治療が必要な人

眠れない原因によっては、ツボよりも優先して西洋医学の治療を行う・あるいは組み合わせる方が望ましいケースも。

例えば花粉症で鼻水がひどくて眠れない場合などですね。

ツボだけで行くなら花粉症のためのツボを押して長期的にケアしつつ、短期的には眠りのツボを押すという方法もあります。

ですが、普通に鼻水を止める薬を使いつつ眠りのツボという選択肢の方が手っ取り早いケースの方が多いと思います。

また、重篤な睡眠障害などは自宅でできるツボケアの範疇ではありません。

プロのところに行くか、既存の西洋医学による治療も視野に入れてみて下さい。

 

こんな人にはツボ押しがおすすめ

心配する少女

おすすめしない人と逆になっちゃいますが、こんな人にはツボ押しがおすすめです。

 なんとなく慢性的な不眠を抱えている

 病院に行くほどではないが、不調をどうにかしたい

 軽度の不眠で、睡眠薬に抵抗がある

 

自分でツボ押ししても大丈夫?

ツボマッサージ

自分でやるメリットは費用と時間があまりかからないこと、一方でデメリットは正確なツボの位置を探せないリスクがあることです。

プロに頼むとメリットとデメリットが逆になります。

私は、まず自分でやってみてなかなか改善しなければプロに頼むことをおすすめします。

 

費用の比較

紙幣

私が実際に今回自分で試したところ、鍼の料金+ツボに関する書籍代で1ヵ月あたり大体5000円程度となりました。

鍼は1日に5個使う計算です。

一方でプロに頼む場合です。

相場は地域によって違いますが、スキンケア大学さんの記事を元に鍼灸治療を1回3000円とします。

友人によれば鍼灸治療は週1回くらいが多いとのことで、3000円×4回とすると12000円。

上記のスキンケア大学さんの記事では有名な鍼灸院だとさらに高額になることもあるとのこと。

2倍の費用の差があるのも、『まず自分でやってみる』をおすすめする理由です。

 

おすすめは置き鍼と指圧・お灸などの組み合わせ

当サイトでは家で行うツボケアの基本として、置き鍼と指圧・お灸などの組み合わせをおすすめしています。

 

慢性的な悩みには置き鍼

置き鍼、パッチ鍼

置き鍼とは、テープで皮膚に固定して使う鍼のことです。

刺さない鍼、数mmの刺す鍼に分かれています。

本格的な鍼治療に比べると即効性はないものの、慢性的な痛みや症状に変化が期待できます。

刺さない鍼の場合は痛みがないというメリットも。

寝れない時の対策としては、主な原因となる自律神経系を整えるツボに置き鍼をします。

置き鍼の耐久性などを検証した結果は下記の記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ささない鍼・アキュライフの効果と販売店、耐久性、おすすめの使い方

 

一番手軽な指圧

名前の通り、指や手を使ってツボ押しをする方法です。

実はツボ押しの本場中国では、ツボはもともと押すものではないとされています。

そのため、効果という点ではやや劣るのは確かです。

ですが道具が必要なく、取り組みやすいのがメリットと言えます。

 

冷え性持ちなら指圧よりお灸

せんねん灸などが有名ですよね。

熱によって血行改善ができるので冷えがひどい場合には、指圧よりもおすすめの方法です。

一方でやけどのリスクがあること、煙が出るタイプでは部屋が煙たくなるなどのデメリットもあります。

 

泥のように眠るためのツボ選びと押し方

上手なツボの押し方・探し方

手の骨・レントゲン

ツボを探すとき、押すときには以下のポイントを押さえると上手くいきやすいです。

 ズーンと来る場所を探す

 ツボは骨の近くにあることが多いので、骨をたどりながら探す

 力任せに押さない

 息を吐きながら押し、息を吸いながら力を緩める

 

即効性・遅効性のツボ選び

即効性のツボ×指圧やお灸

足のツボをマッサージする

即効性のツボというのは、眠れない時にすぐに押したいツボのことです。

寝つきが悪い方におすすめです。

これは指圧・お灸等で対応します。

即効性のツボ押しだけだとその場しのぎになってしまうので、眠れない日々が続いているなら遅効性のツボと組み合わせるのが重要です!

 

遅効性のツボ×置き鍼

遅効性のツボというのは、長期的に眠りやすい体質にするためのツボです。

具体的にここでは、眠りと関係の深い自律神経系を整えるツボを指しています。

じわじわ体の調子を整えるというイメージです。

こちらが置き鍼用のツボと考えてください。

 

全方位から眠りにアプローチするやり方

即効性のツボ→眠れない時にどれか気に入ったものを押す

遅効性のツボ→普段から、できれば24時間置き鍼をしておく。(かぶれる場合は時間を短く)

 

寝れない時に押したいツボ(即効性)

眠りに特に効果的なツボです。

当サイトでおすすめしている方法だと、指圧・お灸用と考えてください。

※画像の位置は目安です。

 

少衝

少衝のツボ

小指の爪の付け根の内側のツボ。

親指と人差し指で小指の爪付近を横から挟むと見つかりやすいです。

 

失眠

失眠のツボ

足の裏、かかとの丸い膨らみの部分です。

あまり感覚がない部分でもあるので、ゴルフボールやボールペンで刺激してあげるのがおすすめ!

お灸をやってみたんですがすごくバランスが危ないので、指圧の方がよいです。

 

期門

期門のツボ

気の流れの最終地点で肝臓の不調に良いと言われますが、睡眠の質を上げるのにもおすすめです。

ろっ骨をお腹側からたどっていき、乳頭の真下とつながったところです。

指圧するときは、指を押し上げるようにするとうまくいきます。

お灸も意外とやりやすい場所です。

 

自律神経系を整えるツボ(遅効性)

こちらは置き鍼でいつもケアをしておくためのツボと考えてください。

色々なツボがありますが、今回は24時間置き鍼をする前提なのであまり動きが多い場所や外れやすい場所は省いています。

 

足の三里

足の三里のツボ

膝の皿の外側下に人差し指を当て、小指があたる部分。

膝の太い骨と細い骨の間なので、骨をたどると発見しやすいです。

知覚神経が豊富にあり、副交感神経と交感神経のバランスを整えるのにぴったり。

置き鍼したときに外れにくいのもメリットです。

 

足臨泣

足臨泣のツボ

足の小指と薬指の骨をたどっていくと交わる部分があります。

骨と骨が交わる付近を丁寧に探すと見つかります。

精神的に落ち込みやすく、お腹の不快感や胸の苦しさを感じる方に特におすすめです。

 

だん中

だん中のツボ

体の中心を通る正中線と、両手をあげた状態で左右の乳頭を結んだ横の線が交わるところです。

手を下げて探すと乳頭より少し上になります。

常に緊張している方に特におすすめで、私もよくここに置き鍼をします。

 

おすすめ!痛くない置き鍼

刺さない鍼アキュライフ

今現在私は『アキュライフ』という置き鍼を試しています。

刺さないタイプの置き鍼なので、鍼が初めてで痛くないか不安な方には特におすすめです。

気になる方は、下の黄色いボタンをクリックして公式サイトでさらに詳しい説明を見てみてください。

公式サイトは美容鍼となってますが、普通にそれ以外の目的でも使えるので安心してください^-^

ページの真ん中くらいまで下がると『使用ガイド』があり、『リラックス・緊張・疲れ・安眠におすすめのツボ』が見られます!

クリックして 刺さない鍼・アキュライフの公式サイトを見てみる

 

参考文献

[1]
Title:Losing Neutrality: The Neural Basis of Impaired Emotional Control without Sleep
Author:E.B.Simon他

[2]
Title:Partial sleep deprivation linked to biological aging in older adults
Author:Carroll JE他

[3]
Title:Acute Sleep Loss Induces Tissue-Specific Epigenetic and Transcriptional Alterations to Circadian Clock Genes in Men
Author:Jonathan Cedernaes他

[4]
Title:Acupressure therapy for insomnia in adolescents:a polysomnographic study
Author:Marco Carotenuto他

[5]
Title:Acupressure effect on sleep quality: A systematic review and meta-analysis.
Author:Waits A他

 

Title:10 Things to Hate About Sleep Loss
Author:Camille Peri

 - 眠りの問題