快適な睡眠環境のために!アイマスク『Neuroon』とは?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 621

睡眠をサポートする機器はいろいろありますが、今回は『Neuroon』というアイマスクを紹介したいと思います。

どんな機能を持っている商品なのか、メリットやデメリット、眠りと不安の悩みを持つ方におすすめするか?などを中心にまとめてみました。

Neuroonってどんなもの?

Neuroonは2015年に発売された眠りのサポートをしてくれるアプリ連動型のアイマスクです。

何回か改良を重ねており、2016年11月現在販売されているものは最終版(これ以上の改良・開発はない予定)となっています。

ただ、下記で紹介する明晰夢機能アプリのようなアプリ関連での開発は続くかもしれません。

 

基本は光セラピー

Neuroonの機能の基本は光目覚ましやカーテンを自動で開ける目覚ましカーテンmornin’と一緒です。
光を使って1日のリズムを整えるのですが、個人に合わせたカスタマイズが可能なのが最大の特徴。

脳波、脈拍、体温、体の動きなどを計測して、そこからオーダーメイドの光セラピーを作り上げていきます。

 

仮眠プログラム

Neuroonならではのちょっと面白い機能の1つが『仮眠プログラム』というもの。

こちらも光で起こしてくれるものなのですが、今までの睡眠分析結果を基にして最適な仮眠時間帯の提案を行ってくれます。

最近は仮眠によって仕事や勉強の効率を上げる方も増えているので、役に立ちそうだなーと感じました。

 

時差ボケ防止プログラム

Neuroon,とは,機能

時差に対して体内時計を合わせてくれるプログラムがあります。

渡航先を入力することで時差ボケを防ぐための情報を提供、機内で光セラピーを受けながら時差ボケを早いうちに予防できます。

従来の光目覚ましは機内で使うと周囲の方に迷惑なのでホテルで時差ボケをマシにする方法が一般的でしたが、アイマスクなら誰にも迷惑をかけずに時差ボケ対策ができます。

 

睡眠分析の方法

睡眠分析には、2015年時点で一般向け市場では初の脳波計測が使われています。

深い眠り、浅い眠りをどれくらい取っているか、眠りの段階などが簡単にわかるのが特徴です。

また、これらのデータは使えば使うほど正確度が上がるので、少なくとも数か月は使ってみるのが大事かと思います。

 

Neuroonの明晰夢機能(リリース予定)

Neuroon,明晰夢,アプリ

機能については一通り紹介しましたが、従来の睡眠サポートアプリなどとはまったく違う機能が1つだけあったのでちょっと詳しく見ていきたいと思います。

それが明晰夢機能というもので2017年にリリース予定とのこと。

 

明晰夢って?

明晰夢(めいせきむ)というのは、夢だなーと自覚しながら見る夢のことです。

私は体験したことがないのでわからないのですが、夢を自在に操れる方もいるんだとか!

脳の働きから見ると前頭葉が半分起きている状態であることと関わりがあるようです。

夢の内容をいじれるとなると娯楽的な側面が強いように思われがちですが、深層心理を知る上でも役だつのではないかと研究が進められている分野でもあります。

 

Neuroonの明晰夢機能

2016年時点でのリリース予定の機能としては、レム睡眠中の発光ライト、睡眠前の明晰夢トレーニング、日中の明晰夢トレーニングの3種類に分かれています。

睡眠前のトレーニングや日中のトレーニングは睡眠ダイアリー、蓄積データを使った行われる予定です。

レム睡眠中の発光ライト機能は、脳に夢を見ていることを知らせて明晰夢を起こしやすくするとのこと。

 

明晰夢の危険性は?

明晰夢,見方,方法,やり方,簡単

普通夢は自分の力ではどうにもできないと思っているからこそ、夢をいじってしまうのって危険?と思うかもしれません。

今のところ明晰夢の危険性として多くの方が語っているのは『睡眠不足』

明晰夢は前頭葉が半分起きている状態であることから、眠りが浅くなってしまう危険性があるんですね。

明晰夢を見続けて精神的に不健康になるとは必ずしも言えません。

欧米では明晰夢の精神治療分野での可能性も研究されています。

ただ、個人として精神的に悪い状態になったという話もあるので、精神状態がどっちに転ぶかわからないリスクはあります。

 

明晰夢機能を使わない方がいい人

とりあえず、睡眠障害で慢性的な眠りの質に悩んでいる方はNeuroonの普通の機能を使い続けるだけで十分だと思います。

明晰夢が精神・肉体に与える影響は研究途上なので、あえてこの機能を遣わなくてもよいかなと感じました。

また、精神的にかなり不安な方も同様です。

 

Neuroonが買える場所・届く時期

Neuroon,日本,アマゾン,中古,いつ,届かない

NeuroonはAmazon、楽天などで買えるほか、+Styleというプラットフォームでも販売中です。

AmazonでNeuroonを探す

楽天市場でNeuroonを探す

+StyleでNeuroonを買う

現在はどのサイトでも在庫を有していることが多く、4-5日で届くようです。

 

Neuroonのメリットとデメリット

ここまでNeuroonの各種機能をまとめたり、実際の使用レポートを読んで私が感じたメリットやデメリットをまとめてみます。

 

メリット

機内で時差ボケ対策ができる

出張が多い方であれば機内での時差ボケ対策機能は役に立つかなと感じました。

時差ボケで仕事や観光に支障を来たすのはできれば避けたいところなので、人によってはこれだけのためにNeuroonを買ってもおかしくないかも。

 

オーダーメイドケア

最近は色んな機器で『学習』を基にしたオーダーメイドケアが提供されていますが、Neuroonもその1つ。

世界に1つしかない自分の身体のクセや生活の特徴、眠りの特徴を覚えてどんどん『オーダーメイドの睡眠サポート』をしてくれるようになるのは大きなメリットです。

同様の機能を持つ光目覚ましや目覚ましカーテンにはそういった機能がないので、Neuroonならではだと思います。

 

デメリット

Neuroon,メリット,デメリット,機能

光の強さがわからない

公式サイトやその他レビューサイトを見ても光の強さが書いてないんですよね…。

一般的に眠りのケアや概日リズムのケアには2500ルクス以上が必要とされていますが、それを超えているのかいないのかが事前にわからないのはちょっとデメリットかも。

 

光が確実に当たる保証がない

アイマスクなので寝ている間に取れてしまったり、光を出す部分が目からずれてしまうと効果が薄れます。

この辺りは照射面の狭い光目覚ましにも言えることですが、アイマスク型となるとさらにこのリスクは大きくなります。

寝相の悪い方とかだとあんまりNeuroonは向かないのではないかと。

 

hanaminangoku最近は『光で目覚める』が注目を浴びているのか、そういった商品が多いですね♪

Neuroonだけではなく、いろんなオーダーメイドケア商品が気になる今日この頃です。

 - 眠りの問題