強迫性障害:病院へ行ってみよう

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 149

piyoko2予約も取れたし、病院に行ってみるね!

 

hanami2よーし!ぴよこ!一緒に行こう!

 

piyoko4でも…いい大人が(注:ぴよこはこれでも大人です)誰かと一緒に…なんて周囲から浮いちゃうかな…?

 

asako1精神科の場合は、人に連れられてきている人もいるし、初診は一緒にっていうパターンも多いから、そんなに心配いらないよ。

 

hanami4ていうか精神科って、中に入った瞬間すごい…なんていうか…暴れだしたりする人がいるのかな…

 

asako2そういうネガティブなイメージは大分改善されてきてるよ。

綺麗な待合室を持つ病院も多いし、人に危害を与えることが多い患者さんにはちゃんと誰かついているから、基本的にはそうそう事件は起きないはず。

 

egaohanamiなるほど!そんなに心配しなくても大丈夫なんだね。

 

piyoko3ところで、精神科に行ったら具体的にどんなことをするの?

 

asako1まずは普通に病院に行くように初診受付をして、そこから問診票に記入するケースが多いよ。

 

piyoko6問診票にはどんなことが書かれてるの?

 

asako2初診の問診票では気になる症状や心の状態、既往歴や現在治療中の他の病気について書くことになるよ。

 

hanami6プライベートとか、個人情報とかの面は突っ込まれないの?

 

asako1初診で精神科だけの受診なら、特にないよ。

ただしカウンセリングをするときは、自分の周囲の人について語るから、プライベートな部分はある程度さらけ出すことになるよ。

 

piyoko5でも…自分の周囲についてってなんだか人にバレたら怖いな。

 

asako2カウンセラーさんは守秘義務を持っているから大丈夫!

それに、自分の成長過程が強迫性障害の発症に関わることもあるから、多少はしょうがないと思うな。

 


egaohanamipiyoko2あさこ、色々とありがとう!!病院へ行ってくるね。

 

asako2いってらっしゃーい。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ