強迫性障害の治療-カウンセリング1-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 134

asako2さて、強迫性障害についていろいろわかったところで、治療について学んでみよう。

 

hanami3ぴよこは、病院でどんな治療方針って言われたの?

 

piyoko1まずもらった薬での治療、それからカウンセリングを受けてみる?って言われたのと、認知行動療法だって。

 

asako2うん。すごくいい先生だね。

その3本柱での治療、もしくは薬と認知行動療法での治療が一般的にも多いみたいだよ。

 

piyoko4そうなんだね!でも、薬での治療以外の点はよくわかってないんだよね…。

 

asako2まずはカウンセリングについて説明するね。

カウンセリングは自分が主体になって行うものなんだよ。

 

hanami6自分が主体ってどういうこと?

 

asako1簡単に言えば、カウンセリングではあれをしなさいこれをしなさいって指示はないに等しいんだ。

問題を見つけるお手伝い、解決のためのアドバイス、実行して微調整しながら心の問題に向き合うのが、カウンセリングの主な役割だね。

 

hanami3あさこの持ってる魔法のステッキみたいなものではないのね。

 

asako2一人一人、今まで生きてきた中で得た偏った考えや、強迫性障害の原因になるようないろんな歪みがあるから、それを受け入れたり変えたりしながら、徐々に問題を解決するスタンスだね。

 

piyoko6あさこは実際に受けたことがあるの?

 

asako1あさこは3年くらい受けたけど、とても面白い経験だったよ。自分で自分を育て直す感覚が強かったかな。

 

egaohanamiそうなんだね。カウンセリングを受けるにはどこに行けばいいの?お金とかは?

 

asako1それについては、次回詳しく説明するね。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ