強迫性障害の治療-認知行動療法と観察記録-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 118

piyoko2前回のまとめは、強迫性障害の認知行動療法には曝露反応妨害法、簡単に言えば強迫行為我慢方法っていうのがあるよ!って話だったよね。

 

egaohanamiで、今回はその曝露反応妨害法の観察記録っていうのを学ぶわけだけど…

 

note

 

hanami4あさこ…!!それが…観察記録用ノート!?

 

asako1あ、正直なんでもいいんだよ、これは。普通のノートでOK。大事なのは中身だからね。

 

piyoko3で、このノートはどんなふうに使えばいいの?

 

不安階層表

 

asako1観察記録は専門用語では不安階層表って呼ばれてて、どれくらい不安か、不安がどれくらい消えたかを観察するのに使えるよ。

まずは基礎となる階層表(上図のようなもの)を作って、不安の小さいものから改善、不安が減っていく様子を手書きとかで書き添えるとベストだね。

 

hanami1曝露反応妨害法前と後の不安得点欄を見て、あー不安が減ってるな…!って確認できるんだね。

 

asako2そうそう。不安が消えたっていう事実がどんどん積み重なっていくことによって、安心感を得られるようになるからね。

 

piyoko2ぴよこも今日からノートを書いてみよう!!

 

asako2ひとりで書くのは難しいから、客観的にぴよこの症状をみられるカウンセラーさんとかといっしょに作るのがおすすめだよ。まずはお医者さんへの相談でもいいかも。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ