強迫性障害での巻き込み

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 223

asako1さーて…今日もぴよこの様子を見に行くとするか…

 

hanami8あさこ!!どうしよう!!あぁぁぁぁぁぁ!!

 

asako4ちょっと…はなみの手が真赤なんだけど…何これ?

 

hanami7ぴよこが、ぴよこの不安が消えるまではなみにも手を洗えって言うの…。

 

asako3で、はなみはぴよこの言う通り手を洗ってあげてるの?

 

hanami5だってぴよこの親御さんはここにはいないし…親代わりに面倒をみられるのも、はなみくらいかなって…。

 

asako1なるほど。それは、いわゆる『巻き込み』ってやつだね。

 

piyoko7はなみ!!早く手を洗ってよ!!お願い!!…あれ?あさこ来てたの?

 

asako1ぴよこ、はなみに手を洗ってもらってそれで不安を解消してるの?

 

piyoko8それだけじゃ解消できないけど、はなみも手を洗ってほしいの!そうじゃないと落ち着かなくて!!

 

asako4強迫性障害には2つのタイプがあって、自己完結型と巻き込み型って言うんだ。

もちろん、最初からどっちのタイプって決まってるわけじゃなくて、途中でタイプが変わる場合もあるよ。

 

piyoko4巻き込み型?ぴよこがはなみを巻き込んでるってこと?

 

asako1うん。ぴよこは自分一匹で抱えきれない不安を、はなみにも強迫行為を手伝ってもらうことで解消しようとしてるんだ。

 

piyoko7それってぴよこが悪いってこと?

 

asako4誰が悪いってことでもないよ。ただ、巻き込んでも不安は解消されないのが問題だね。

 

hanami4じゃあ、巻き込み型の人にはどう対処したらいいの?

 

asako1まず、巻き込んでる方も巻き込まれてる方も、巻き込みってものがあることを理解するのが大事だね。

次に、強迫行為を否定せずに、流す!気にかけられすぎると、強迫が悪化する人もいるから。

 

piyoko5でも…なんかスルーされるとすごく悲しい…。

 

asako2そういうときは、強迫行為を手伝わせるんじゃなくて不安な気持ちを聞いてもらったり、一緒にストレス解消する方がおすすめ。

巻き込みをして、プラスになることは本人にも家族にもないからね。

 

hanami5なるほど…巻き込みに付き合っちゃってごめんね、ぴよこ。

 

piyoko5ううん…ぴよここそ、知らずにはなみを巻き込んでごめんね。

 

スポンサーリンク


強迫性障害の患者に接するポイント

1.強迫性障害という病気を理解する

2.巻き込みには従わない

3.本人が行う強迫行為はなるべく気にしない。話題にもあまりしない。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ