自己観察の具体例-って思ってるんだ法-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 121

不安解消のためには自己受容が必要で、その自己受容のスタートともなるのが自己観察

自分を少し離れた視点から見ることによってネガティブな自分と一体化しないメリットもあります。

そんな自己観察の具体的な方法、ここではもっとも簡単な方法を紹介します。

語尾に『って思ってるんだ』『って感じてるんだ』とつけるだけ

自己観察をする時にもっとも単純かつやりやすい方法は、語尾に『って思ってるんだー』『って感じてるんだー』とつけるだけの方法です。

自分自身、自分を見つめているはずなのにだんだん巻き込まれることもあるかと思います。

ずっと『自分を見つめる自分』なんてやったことがなかったから、最初は慣れない方も多いはずです。

そんな時に、語尾に『って思ってるんだ』『って感じてるんだ』とつけてみましょう。

 

具体例

76
私って皆に嫌われてる!………って思ってるんだー。

この会社にいる限り幸せになれない………って感じてるんだー。

この人が言うことを聞いてくれないからうまくいかない………って思ってるんだー。

こんな醜態、恥ずかしくて死んだ方がまし………って感じてるんだー。

 

飲み込まれない、へぇーと見つめる

77
恥ずかしいときや落ち込んだ時は、どうしても感情に飲み込まれがちになります。

なので、自己観察において重要な『飲み込まれない』を常に意識しておいた方がよいです。

自分はめっちゃ安全なところにいて、なんか外側と調整取ろうと頑張ってるやつを見つめてるくらいな感じです。

 - 自己観察・自愛