不安解消:セドナメソッドとは

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/25

この記事を読むのにかかる時間: 143

不安解消の方法のうち、自己受容に続いてのクレンジングメソッド。

これは自尊感情がある程度高まった状態で、不必要なブリーフシステムをクリーニングするのが目的です。

そのための方法の1つ、セドナメソッドについてざっくりと紹介します。

スポンサーリンク


セドナメソッドをお勧めする理由

私がセドナメソッドをお勧めしているのは、セルフケアの中でも非常に簡単な方法だからです。

本は割と分厚いですが、『気持ちを受け取る→解放する』のステップ自体は全部同じ。

なのでいつでもどこでも手軽にできる、小難しい知識なしにできるのでお勧めしています。

ベースになる知識はあればあったで便利ですが、なくても自己流でバシバシ進められるのもよいところかと。

 

セドナメソッドとは?

95
セドナメソッドはアメリカのアリゾナ州にある『セドナ』という町でまれました。

ちなみにセドナは人口1万人くらいの小さな町で、古くはネイティブ・アメリカンが聖地としていたことでも有名だそうです。

スピリチュアリズムの観点から注目され、1年間の観光客数は400万人を超えるほどの町でもあり、ヒーリングやオーラの研究をしている方も多いようです。

そんなセドナで生まれたセドナメソッドの創始者はレスターレベンソンさんで、現在は後継者であるヘイル・ドゥオスキンさんが書籍販売や教材販売など、セドナメソッドの中心を担っています。

日本人では、セドナメソッド認定コーチは安藤理さんただ一人です。

こちらの書籍もドゥオスキン氏の著作ですが、安藤さんの監修となっています。

セドナメソッドやろうかなぁと思ってる方は、これだけあればOKです。

ていうか、私自身セドナ本はこれしか持っていません。

 - セドナメソッドとホ・オポノポノ, 不安との付き合い方, 潜在意識