強迫性障害と仕事

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 157

piyoko5はなみ…ぴよこね、今のクリーニング屋さんの仕事辞めるか休もうと思ってるんだ。

 

hanami3え!?だって何年も働いてたのに急に…?

 

piyoko4うん、強迫性障害の洗浄強迫や確認強迫がひどくて、お客さんをおまたせしたりもするし、店長にも怒られるし…。

 

hanami4そうなんだね…でもはなみが聞いた話では、『仕事は辞めない方がいい』っていうんだけど、どうなんだろう?

 

piyoko6あさこはどう思う?

 

asako1あさこは、休職はある程度必要だと思う派だなあ。

 

hanami6その理由は?

 

asako1まず、一般的に『強迫性障害でも仕事を続けた方がいい』って言われるのは、強迫行為を我慢する曝露療法的な側面があるからだと思うんだ。

例え手を洗いたくても、お客様をお待たせしちゃうからサッと済ませる、気にはなるけど、どうにか曝露療法が出来てる状態だね。

でもそれがだんだん逆転してきて、手洗いの方が優先で困ることが多いなら曝露療法だけでは上手くいっていない、今の勤務状況ではストレスが多いと思うんだよね。

だから、強迫性障害の症状と業務の板挟みが苦しくなってきたら、休職を考えてもいいかと。

 

hanami1なんか、あさこが休職したことあるみたい!

 

asako4うん。昔、強迫性障害を患ってて、つらい中でも仕事をし続けてうつ病を併発したことがあるんだよね。

仕事もお金も確かにとても大事だけど、あさこは健康を一番に考えたらいいと思う

 

piyoko4それは言えてるかも…。でも働いてないとお金が心配なのもホントのところは大きいよね。

 

hanami3精神疾患で苦しんでいる人を助けてくれる制度はないの?

 

asako2まずは会社の休業手当、辞職なら失業手当の手続きが一番だね。

それから、全国にある精神保健福祉センターへの相談もおすすめ。精神疾患関連の幅広い相談受付口だよ。

厚生労働省が公開している『全国の精神保健福祉センター一覧

 

piyoko2社会復帰なんかについても相談を受け付けてくれるんだね。精神疾患と生活に関することで悩んだら、ぴよこも相談してみよう。

 - 会話でわかるシリーズ