強迫性障害 休職中の過ごし方

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 153

piyoko8この前、ついに休職することが決まって1日家にいるんだけど…逆に気分がめいってくる…

 

hanami4休職してゆっくり休むことでよくなるかと思ってたのに…病院は行ってるの?

 

piyoko5うん、病院は行ってるんだけど、なんかそのほかの時間にお金や生活のこと考えて焦るんだよね。

 

hanami3まだ貯蓄もあるし、実際のところは大丈夫なんだよね?

 

piyoko4休職期間中の生活費なんかも考えてから休んだから大丈夫だけど、ただ漠然と何していいかわからなくて、時間がザーッと過ぎちゃうのが不安なの。

 

asako1それは、休職中の過ごし方を変えてみた方がいいかも。

 

hanami3うつ病とかの休職中ってゆっくり休めって言われるよね?強迫性障害は違うの?

 

asako1ゆっくり休む(ストレスのない状態を感じる)ことは確かに大事だけど、ずっと社会と隔絶されているわけにもいかないから、社会に戻れるように生活リズムは整えておいた方がいいよ。

それはうつ病でも同じ。

そしてそれ以上に大切なのが、認知構造を変えていろんな場面で気楽に過ごしやすくなるようにすることだね。

 

piyoko6認知構造を変える?

 

asako1不安障害になりやすい自分の考え方、性格を変える認知行動療法、効果的な曝露療法なんかで、自分との付き合い方を考える時間が休職期間だとあさこは思ってるよ。

 

hanami1休んでいる分、認知行動療法や曝露療法は仕事をしている時よりもやりやすいのは確かだよね。

 

asako1人間の脳の構造、心理、強迫性障害が起きるもっと深い部分まで考えれば、数か月の休職期間のうちにある程度社会に馴染みやすくなることもあるよ。

 

piyoko8脳の構造?心理?なんだか難しそうなんだけど…。

 

asako4まぁ実際、基礎から学ぶとすごく難しいのは確かだね。でも少しずつ学んでいくと、心との付き合い方がわかってくるよ。

ここの管理人がいろいろ準備して総合的にサポートできるようなものを作ろうとしてるみたいだから、その辺も期待してくれると嬉しいな。

 - 会話でわかるシリーズ