フロイトってどんな人?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/25

この記事を読むのにかかる時間: 117

無意識や神経症(今の不安障害分類のものも多いです)の第一人者とも言われるのが、フロイト

まずは簡単にフロイトってどんな人なの?というところを見ていきたいと思います。

フロイト,心理学

このおじさまがジークムント・フロイトさん。

若干怖い顔してるなっていうのが、私的な第一印象です。

精神医学・臨床心理学の礎を築いただけではなく、哲学という観点からも注目されるすごいおじさんなのです。

スポンサーリンク


フロイトさん、実は自分も神経症だった

フロイトはヒステリーや催眠療法、今でいうPTSDなどの研究をしていますが、彼自身が神経症だったこととも関係しているようです。

大学時代と、父が亡くなってしばらく神経症的な症状に悩まされたとのこと。

人ごみの中で息苦しくなったりするという話があるので、今でいうパニック障害のようなものだったのかもしれません。

 

現代のフロイトの評価

フロイト,評価
現代ではフロイトの理論をそのまま使うということは、実はそんなにないようです。

やや偏向があるとか言われることもあり、理論そのものに対しては案外厳しい評価

ですが、こういった考え方・無意識からのアプローチをしたという点ではフロイトの右に出るものはいません。

理論はともかく、当時の世相とは相いれない革命的な理論を投げかけたことは評価されています。

 

おすすめのフロイトさんの名言

「幸福になる方法は、自分で実験してみなければ分からない。」

 - 潜在意識