アドラーってどんな人?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 122

最近になって最注目されているのが、アドラー心理学

その創設者がアルフレッド・アドラーです。

ここではアドラー心理学とはいったいどんなものなのか、アルフレッド・アドラーはどんな人なのかを紹介していきます。

目的論が特徴的なアドラー心理学

フロイト(一時はアドラーと共同研究者)は、問題の原因を探すスタイル、それに対してアドラーは問題は何らかの目的の元に起きていると考えるスタイルです。

何か目的があって病気でいる、何か目的があって行動できないでいる、という考え方です。

過去の原因よりも現在の目的を重視した点で、アドラー心理学は精神分析とは大きく違います。

 

劣等感の研究

アドラー,心理学
アドラーの研究のもう1つの特徴として、劣等感に関する研究を挙げておきます。

人は劣等感を補償する(劣等感に負けない何かを持つ)、理想の状態を追求するが理想は仮想でもあるので、また劣等感を生む…など、劣等感に関して詳しく追究しています。

アドラー自身が声帯けいれんの既往があったり、身長が小さいこと(150cm程度だったらしい)に対して劣等感を持っていたのが関係しているのでは?とも言われています。

これからも小ネタでアドラーのことはちょこちょこ出てくる予定ですw

adler

 

素敵なアドラーさんの名言

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。

 

関連エントリ

アドラーの神経症見解-目的論-

アドラーの『ライフスタイル』

 - 潜在意識