セドナメソッド:困ったら安全欲求を捨ててみる

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 141

不安解消に役立つセドナメソッドでは感情の解放の次に欲求の解放を行います。

4つの欲求(裏欲求含まず)の解放をするわけですが、これっていったいどの欲求?と悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんなときにおススメなのが安全欲求をとりあえず解放することです。

とりあえず大元は安全欲求

セドナメソッドをやっていて、もしも欲求がなかなかわからなかった場合、とりあえず安全欲求を捨ててみるのはおすすめの方法です。

セドナメソッド公式本p202の『私の図』によれば、まずは無限の可能性からの分離のために分離欲求が、次に『この体』としての安全のために安全欲求が出てきます。

承認欲求や制御欲求は、承認されていないと安全でない、制御できないと安全でない、という思いから出てきているので、なんかわからなくなったなぁと思う時は、安全欲求を捨ててみると案外うまくいったりします。

 

具体的な方法

117
具体的には、何か気になることが起きた時、これは…?と思うことが起きた時には、『自分ってこの状況を安全と感じていない!』と確認してください。

安全を感じていないから安全を欲してるんだ、じゃあ手放す?でセドナメソッド完了です。

そのあと、承認されたかったんだなとか制御したかったんだなと気づけば、そのときに別途解放するのもアリです。

 

人間というものは、まずこの体をどうにかして安全に守りたいものです。

当たり前ですが、刺されたら痛いだろうし災害には遭いたくありません。

それで基本的にはOKなのですが、神経質や特定の恐怖症を持つ人は、安全に対して極端な欲望を持つ傾向があります。

つまり『●●だと安全』の定義が多すぎて、日常生活で危険なものに囲まれているから緊張するのです。

そこで、よくわからなくても安全欲求をどんどん手放していってみてください。

意外と、すんなりうまくいくこともあるかもですよ。

 - セドナメソッドとホ・オポノポノ