強迫性障害の情報商材

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 234

egaohanami

あさこ!!これを見て!!

 

asako1何これ?えーと…たった7日間で強迫性障害が治る魔法…?

 

hanami1インターネットで色々調べてて見つけたんだけど、ぴよこのためにいいんじゃないかなって思って。

 

asako3これは、PDFファイルで届くやつかな?

 

hanami2うん、なんかお金を振り込んでPDFファイルか音声ファイルで届くんだって。監修している人もしっかりしてるみたいだし、ぴよこのために買ってあげようかなって!

 

asako4えーと…いくら?

 

egaohanami29800円!!

 

asako4

 

hanami4なんか問題あった?

 

asako3いや、別にいいけど、うん。とりあえず色々と確認してから買った方がいいと思う。

 

hanami6いろいろ?具体的には?

 

asako3そういうページには下に特商法表記があるから、住所が私書箱じゃないかとか、著者名での検索とか。

 

egaohanami口コミはネットでもかなりよかったよ!

 

asako1大体はサクラ使ってるから、口コミは特に調べなくてもOKだと思う。

 

hanami8サクラ使うって…なんか悪いことしてる人たちなの?

 

asako1はなみが見つけたのは情報商材って言ってね、いいものも悪いものも混在してるんだ。
ちなみに情報商材で売れるのは『儲かる系、コンプレックス系』って言われてて、病気はコンプレックス系に分類されるから、目をつける人も少なからずいるんだ。
以下、情報商材を買う時の注意点を書いておくから、はなみも参考にして買うかどうか決めてみてね。

 

情報商材の選び方

1.情報商材にもいいもの・悪いものはある…玉石混淆で詐欺まがいもあれば、良質なものもある。ページには誇大広告が含まれる可能性があるので注意。
2.口コミの完全信用は危険…情報商材を売るためのアフィリエイトもあり、良い口コミをサクラとして流すケースもある。
3.住所表記・販売会社のチェックは必須…実在する住所かどうか、販売会社の形態に不自然なところはないかなど。
4.あらゆる情報は、すべての人に効くわけではない…すべての人に必ず効く治療は存在しない。効かなかった場合に『勉強代』と思えそうにないなら、買わない方がよい。

 

hanami3なるほど…!でもお金大好きなあさこはこのサイトでこういうの販売しないの?

 

asako4このサイトであさこと著者が皆さんにサイトを通して提供する情報自体は無料だよ。スポンサードリンクとかから、多少の広告収入はありますが…。
あさこや著者が情報で収入を得るとしても、リスクを感じさせる値段設定はしない予定です。

強迫性障害で働けない人もいると思うし、過度な金銭的負担を避けるためにも、商品紹介の際には価格面も判断基準の1つにしてるので、ご理解いただければ幸い。

 - 会話でわかるシリーズ