私が21年ぶりに強迫観念から自由になった話

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/24

この記事を読むのにかかる時間: 415

今回は、なぜか強迫観念が消えたという体験談です。

常にあった強迫観念がどこかにいって正直びっくりしてるのですが…不思議な体験なのでみなさんとシェアできればと思いまして…!


スポンサーリンク

四六時中悩まされた強迫観念

 

小児の強迫性障害から大人の強迫性障害に移行した私にとっては、強迫観念のある生活が普通です。

強迫観念とは意志とは関係なく浮かんでくる考えで、強迫性障害についてはこちらのカテゴリを参照してください。

ちなみに出ていた症状は『私の強迫性障害の症状』というエントリにまとめています。

 

普通に生きていても自分の意志が迷うことはあると思います。

例えば『お菓子食べようかな?』『止めようかな?』みたいな。

強迫観念は『しようかな』というものではなく、『~せよ!~しなければ』みたいな感じで、私の場合大半がとんちんかんです。

『お菓子食べようかな』『手を叩け!!叩かなければ!!』といった脳内会話が四六時中あるのが普通の状態です。

とんちんかんな人と脳内で暮らしてるような病気だと思いますw

 

強迫観念にとらわれない世界を体験

153
今朝8時半から現在20時まで、生まれて初めて長時間にわたって強迫観念のない生活を送っています。

ないというよりは、正確にはとらわれていないっていうのが正しいと思います。

途中で寝ちゃったのでその分を差し引いても10時間以上は、強迫観念にとらわれない世界を体験していることに。

 

とらわれない世界ってどんなものだろう?と思ってこれまで過ごしてきましたが、実際に体験してみて一番の特徴は『静か』です。

自分の頭の中が静かで、そのおかげで聴覚過敏がやわらいだのか周囲の雑音もいつもよりも静かです。

自分が自分として統一されている感覚が楽しすぎて、いつもなら強迫行為で不快になる『苦手なこと』をどんどんやってます。

数種類あるお菓子から1つ選ぶとか、水を飲むとか…。

これがいつまで続くかはわかりませんが、なんだかすごい開放感です。

あと、慣れない静けさで眠気が…。

 

今までの治療内容

155
ここまで来たら、強迫性障害はいよいよしっかり寛解してきたと言えるのでは?と思ったので、治療内容を簡単にまとめてみました。

当サイトの関連エントリをリンクしたので、詳しい内容はそちらを参照してくださいね。

なお、ここでの治療1年目は発病から13年目となります。

 

薬物療法

125
治療1年目から治療8年目の今まで1日に2-3種類の薬を飲んでいます。

現在の処方はデプロメール100mg(夕食後)、セディール10mg×2(朝夕)です。

最大処方だったころはデプロメール300mg、セディール10mg×2、睡眠薬―マイスリー(用量不明)、ハルシオン(用量不明)、デパス(用量不明)から必要なものを飲んでいました。

関連エントリ:不安障害・気分障害の治療に主に使われる3種類の薬

 

カウンセリング

156
治療1年目から治療3年目までの2年間、学校の無料カウンセリングを受けていました。

今はカウンセリングサービスは受けていませんが、私が通っている病院は最初診療時間が長く、治療1年目から治療4年目くらいまではカウンセリング的な治療を多くしてくれました。

関連エントリ:初めてカウンセリングに行った日の思い出強迫性障害の治療-カウンセリング1-強迫性障害の治療-カウンセリング2-

 

認知行動療法

157
治療1年目から2年間くらい、途中にうつ病を挟んだので1年ほどお休みして現在に至るまで認知行動療法を続けてきました。

とはいっても認知行動療法の表を作ったり、不安の階層化をしているわけではありません。

 

関連エントリ:強迫性障害の治療-認知行動療法とは-強迫性障害の治療-認知行動療法と観察記録-

 

セドナメソッドとホ・オポノポノ

158
自分流アレンジも含めて始めたのは治療6年目から現在まで。

もともと寛解の波がいい具合に来ていましたが、治り具合はセドナとホ・オポノポノを始めてからがさらにスピードアップしています。

特に書く解放での『観念の解放』は、『度重なる我慢で強迫が起きる』のを防いでくれます。

自分の持っているプログラムを手放すと、本当に自分がしたかったことが見えて来たり、自分を素直に出す方法を知るので、強迫をしなくてもよくなるんだと思います。

この件についてはまた別途詳しく書きますね。

関連エントリ:不安との付き合い方-セドナメソッドとホ・オポノポノ

 

今後、強迫観念にとらわれない生活で何か変化が起きれば追記します!

追記:翌日外に出たらじりじり強迫観念が襲ってきましたが、以前ほどではないまま過ごしています(5/17)

 - ブログ・体験談