書く自愛の方法その2-自己嫌悪しやすい人が紙1枚とペン1本で自愛する-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/10/09

この記事の読了時間: 247

自愛カテゴリは久しぶりに更新するような気がします。

このサイト、自愛について知りたくて来てくれる人が多いのですが私もまだまだ発展途上だったので水面下で研究したり試したり…ってことを繰り返していましたw

そこで、これはなかなかいいかも!?と思ったのが書く自愛の方法その2。

以前はお手紙方式を紹介しましたが、2ではブレインダンプも取り入れつつ自愛できる方法です。

その日あった嫌なことや自分の嫌な部分を書きましょう

別に嫌なことがないとか自己嫌悪がないときは書かなくて大丈夫です!

むしろそういうときにこそその1を使ったりどんどん自分大好きー、どんな自分もOK!って声掛けしてあげたほうが効果的。

でも実際のところ、毎日自己嫌悪です…って方もいるんじゃないでしょうか。というか私がそうでした。

なので、それを体の中に貯めこまずに、ノートか何かに走り書きします。

形に残る(手で触れられる)ものがよいので、パソコンのメモ帳とかスマホのメモ帳はなしです。

 

これ以上ないよ!ってくらい書く!!

229
第2段階はとにかく書く!書きまくる!!思いつかない、もうこれ以上嫌悪する部分がないってくらいまで書きます。

同じことを2回以上書くのは全然OKで、私も『クズクズクズクズクズ…』って際限なく書いて、もうクズって書くのいいやって思えるくらいまで書きました。

できたら文字同士が被らない方がいいけど、そこは気分で。

とにかく体の中から『自己嫌悪』っていう変な毒素を出すためにやっています。

これ以上ない!からっぽだ!と思ったら終了しましょう。

 

深呼吸!7秒かけて深呼吸!

230
別に絶対7秒ってわけではないですが、愛読しているブロガーの『クスドフトシ』さんが紹介していたので最近実践中です。

紙を両手で持ったまま、7秒かけて吸って7秒かけてゆっくり吐く。それだけです。

何かを考えてもいいし、考えなくてもいいです。

ただ、再び自己嫌悪の気持ちや言葉が浮かび上がってきたら、2に戻ってこれ以上ないよ!まで書きましょう。

7秒吸って7秒吐く…を7回繰り返して落ち着いていれば4へ!

 

いいよー。OKだよー。を口に出す

231
最後に、紙を持ったまま『いいよー。OKだよー。』とわざわざ口に出します

人間、言葉から入ると気持ちの方は言葉についていこうとするので、ここは口に出した方がよいです。

たぶんこの作業は1人のスペースでやる方が多いと思いますし、少し大きな声にするのがおすすめ

我が家みたいに壁が薄い場合は、優しく話しかけるように言えばOKですよ♪

何がOKかとか、納得いかん!と思ってもOKです。

何がOKかは知らないけど、とにかくOKって言ってみるのもよいかもしれません。

 

紙は適切に処分を

232
処分方法は本当に超・自由です。

私の場合は静かに破いてゴミ箱に捨てていますが、破かないで捨ててもいいし燃やしてもいいし、何でもOK。

ただし、処分しないで取っておくのはなしにしましょう。

 

自愛のためのメソッドの1つと思って気軽に取り組んでいただければ幸いです!

 - 自己観察・自愛