オールオアナッシング

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 133

hanami1雨の日は家で出来る遊びがいいよね。オセロとか大好き!

 

piyoko2ぴよこもオセロ大好き。単純だからやりやすいしね。

 

asako1オセロと言えば白黒ですが、今回はオールオアナッシングの認知の歪みについて紹介するよ。

 

hanami6オール?オア?ナッシング?

 

asako1日本語で言うと、全か無か、白か黒かっていう思考だね。

強迫性障害や不安障害の患者さんは、この部分を改善する必要があるとあさこは思うよ。

 

piyoko3具体的にはどんな例があるの?

 

asako1例えば、ある人を完全無欠の人間だと評価したかと思えば、今度は1つの粗が出たとたんにこき下ろすとか。

 

hanami4それは人間関係に大きく問題を引き起こすんじゃ…?

 

asako1そうだね。この傾向は『境界性人格障害』の人によくみられるもので、人への過度な依存が問題になることも多いよ。

 

piyoko6なるほど。人に対してでなければ完璧主義でも特に問題はないの?

 

asako1探してみると『完璧に塵ひとつない部屋』『完璧に細菌が落とされた状態の手』『完璧に安心できる空間』ってものは、存在しないに等しいんだよね。

ないものを求めるわけだから、完璧主義はやっぱり疲れを感じやすい思考法だと思う。

 

piyoko5ぴよこは強迫性障害だけど、確かに完璧主義なところがあるかもなぁ。

 

asako2完璧主義も上手に生かせば職場でも日常生活でも生かせる場面は多いと思うよ。

 

hanami4なるほど!ずぼら主義のはなみにはわからない話だなぁ。

 

asako4あぁ…はなみはぴよこから少し几帳面さと丁寧さを学んだ方がいいんじゃない?

 - 10の認知の歪み