過度な一般化

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 144

hanami5あさこ、ぴよこ…はなみまたフラれちゃった………。

 

asako1はなみ、今年通算5回目の失恋だね。

 

piyoko1元気出して!きっとはなみにぴったりないい人がいるよ!

 

hanami7そんな人いない気がしてきた…。だっていつもはなみはフラれてばっかりで、みんなはなみのこと『本命にしたいタイプじゃない』って言うもん…。

 

piyoko7そんなことないよ…。

 

asako1はなみ、それは過度な一般化ってやつだよ。

なぜならば、あさこが知っている限りでは今年は通算5回目の失恋だけど、昨年と一昨年にはほんのわずかな間だが、彼氏がいたことがあったからね。

 

hanami4過度な一般化?

 

asako1つまり、1の出来事を10にも20にも広げてしまう思考のことだね。

はなみは今日フラれてしまったショックで、『いつも』『フラれてばっかり』だと思い込んでるんだ。

でも実際のところ、1つ1つのケースを取り出してみると、はなみはフラれてばかりではないという客観的な事実を取り出せるにも関わらずね。

 

piyoko2確かに、今年はフラれてばっかりだけど、昔はなみにもモテ期があったじゃない!

 

hanami3言われてみれば……去年付き合った彼氏はあっちから告白してきてくれたんだっけ。
なんで忘れちゃってたんだろう?

 

asako3何度も似たような出来事が続くと、ついつい一般化しやすくなっちゃうからね。

不安障害や強迫性障害の人の場合も、カウンセリングとかで『いつも』『みんなに』『ずっと』なんて言葉がよく出てくるみたい。

実際のところ、客観的にはひどい状況じゃなかったとしてもね。

 


piyoko5
一度ひどい目に遭うと、きっといつもそうなんだって思いがちだよね。
こんな認知の歪みもあるんだなぁ。

 

hanami1過度な一般化はやめて、少しでも未来に向かって頑張ってみる!!

 - 10の認知の歪み