結論の大きな飛躍

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 131

asako1さっき、ぴよこと上司さんの話を聞いて思ったことなんだけど、ぴよこには結論の大きな飛躍も見られがちだね。

 

piyoko3どんな結論がどんなふうに飛躍したの?

 

asako1いわゆる『心の読み過ぎ』っていうやつで、ある人に嫌われているからこうなんだ、私は避けられてるっていう思い込みだね。

相手の心を読んではいるんだけど、あらぬ方向にマイナス思考で読み過ぎて、結論はまったくマイナスなものになってるんだ。

 

piyoko1ぴよこ、職場だけじゃなくて友達づきあいでもそういうこと多かったなぁ。

 

hanami4え!?はなみたちに対してもそうなの?

 

piyoko3今はそうでもないけど、はなみとかあさこは気を遣って仲良くしてくれてるのかなって思うことが多かったよ。

 

asako1ほかにも、『結論の大きな飛躍』っていう歪みには先読みっていうのも含まれるんだけど、こっちは未来を読み違えるんだ。

例えば絶対に会社の業績は悪くなる、自分の成績は悪くなる、大学には入れない、病気は治らない…みたいな

未来はどう転ぶかわからないから、あさこ的には出来るだけ明るいビジョンを持って行動した方がいいと思うけどね。

 

hanami3こう考えると『認知の歪み』ってお互いに関わり合ってる部分もあるような気がするな。

 

asako1うん。マイナス思考と結論の飛躍、過小評価とか、いろんなものが組み合わさって、今の自分の認知構造を作ってると考えるといいと思うよ。

今紹介している10個の歪みは、特に精神的な病気と関わりの強い歪みだよ。

 

piyoko1精神的な障害になっていなくても、これは当てはまるかもって思うことも案外あるよね。

 - 10の認知の歪み