強迫性障害の患者を強制入院させたい

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 216

piyoko7最近強迫性障害の巻き込みがひどくて、はなみを困らせてばかりだな…。

 

hanami4もうはなみも疲れてきたよ…。

 

asako3強迫性障害の巻き込みがあまりにもひどいときは、患者を強制的に入院させる方法を考えてみてもいいかもしれないね。

 

hanami3え?でも基本的には任意入院なんでしょ?(強迫性障害での入院 参照)

 

asako1うん。基本的にはやっぱり任意入院してもらうのが一番だし、ぴよこみたいに任意入院を考えてるならそれでOKだけど、本人が無自覚で家族や周囲の人の心理的負担があまりにも大きいなら強制的な入院も可能だよ。

今からその方法を紹介するね。

 

精神疾患での入院形態

1.任意入院…本人の意思による入院。強制力は低い(退院したければ退院可能)

任意入院のための条件:本人の意思があり、入院しての治療がふさわしいと主治医が判断した場合。

 

2.医療保護入院…医療と保護が必要な場合の入院。任意入院よりは強制力があるが、措置入院ほど症状は重くない。

医療保護入院のための条件:家族等の同意があり、医療と保護の必要性がある状態。精神保健指定医1名の同意が必要。

 

3.応急入院…医療保護入院程度の症状だが、保護者の同意がすぐには取れないケースでの入院

応急保護入院のための条件:緊急入院による保護の必要性があるが保護者の同意がすぐには取れない。精神保健指定医1名の同意が必要。入院期間は72時間まで(その後、他の入院方法になることも)

 

4.措置入院…医療保護入院よりも更に症状が重く、他害(他人を傷つける)の恐れや自傷がある際の入院。

措置入院のための条件:行政による命令と、精神保健指定医2名の合意。

 

5.緊急措置入院…措置入院程度の症状があるが、精神保健指定医2名が確保できない場合の入院。

緊急措置入院のための条件:行政による命令と、精神保健指定医1名の同意。72時間以内にもう1名の精神保健指定医による診察が必要。

 

強制力レベル

措置入院・緊急措置入院>応急保護入院・医療保護入院>任意入院

 

asako2以上が精神科の入院方法だよ。措置入院・緊急措置入院に関しては、警察沙汰で運ばれるケースが多いんだ。

だから、強迫性障害の巻き込みがひどくて家族や近しい人が疲れている場合は『医療保護入院』での入院を検討してみてね。

追記:医療保護入院の方法を記載しました→強迫性障害・医療保護入院の手続き

 - 会話でわかるシリーズ