不安障害(強迫性障害等)で医療保護入院をする場合の手続き

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 226

asako1ここでは強迫性障害を始めとした不安障害で多い医療保護入院の手続きを見ていくよ。

 

hanami1任意入院はなかなかむずかしいという場合には、ご家族が医療保護入院の手続きをとってあげてね。

 

スポンサーリンク


医療保護入院の条件と『家族等』の意味

医療保護入院のための条件:家族等の同意があり、医療と保護の必要性がある状態。精神保健指定医1名の同意が必要。

 

asako1この条件を満たしている場合は、医療保護入院が可能だよ。

ただし重要なのが『家族等』の指す意味。

一般的には配偶者、父母、親権者などが家族等とされるけど、それ以外に家裁が選任した扶養義務者もOKなんだ。

家裁選任の扶養義務者が医療保護入院手続きをする場合には、審判書が必要だよ。

例外的に市町村長同意というものがあるけど、これは家族がいない場合や家族全員が意志を表示できない場合に有効だよ。

 

入院までの流れ

asako1患者さんに医療保護入院をさせるとなったら、まずは病院への相談・精神保健指定医1名の同意をもらうのが最低必要条件だよ。

元々通っている病院の先生が、精神保健指定医の場合もあるから、確認してみてね。

 

hanami1その次に必要なのは、同意書に署名して入院手続きを進めていくことなんだって。

でも家族がやるのは同意書への記載ぐらいで、入院日時や入院病棟とかが決定したら、病院から連絡があるよ。

 

asako1最後に入院となるわけだけど、健康保険証や印鑑など入院には準備も必要。

事前に病院に必要なものを聞いて、リスト化しておくといいみたい。

精神科への入院の際に一般的に必要なものを簡単に紹介すると、こんな感じ^^

 

書類関係:入院同意書、入院保証書、健康保険証、印鑑(認印でOKの場合も)

生活用品:洗面用具、タオル、衣類、お小遣いなど(病院に要確認)

 

医療保護入院の期間・隔離や拘束・面会について

asako1基本的には医療保護入院でも、暴力行為がなければ隔離や拘束は行われないよ。

でも他の患者さんに著しい迷惑をかけたり、隔離や拘束なしでは安全を確保できないケースのみ、そういったことが行われるよ。

いずれにしても家族には逐一病状の告知などがあるから、状況がまったくわからないことはまずないよ。

 

hanami3期間はどれくらいまでって定められているの?

 

asako1実は医療保護入院は何日までっていう決まりはないんだ。

ただ、途中で任意入院に切り替えて治療していくことは、よくあるみたいだね。

 

hanami6医療保護入院中の面会はOK?

 

asako2隔離・拘束もしくは面会によって精神状態が著しく悪くなるなどがなければ、基本はOKだよ。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ