体験談:初めてのSSRI離脱症状

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 238

今回の断薬は偶然のひとつであり、意図しての断薬ではありません。

端的に言うと、飲み忘れただけですw

現在の処方はセディール5mg×2(朝晩)、デプロメール100mg1日1回です。

あとは頓服で睡眠薬をもらってはいますが、最近は飲んでいません。

今回、偶然にもセディールとデプロメールを2日間ストップしました。

その結果出た症状をまとめたいと思います。

スポンサーリンク


 デプロメール断薬後24時間で変な感じに…

2

最初に変化を感じたのはデプロメールを飲まずに24時間経ったあたり。

体調不良かなぁ?くらいの軽い感じで、冬が苦手な私にはよくあることなのでスルーしていました。

あんまり調子よくないなぁというのがありましたが、特に薬の飲み忘れとも思わず放っておきました。

風邪っぽい感じが一番近いでしょうか?

 

 デプロメールを2回飲まずにいると色々な変化が!

3

デプロメールを2回分(2日間分)飲まずにいて、次の日の朝から夕方までが『これは離脱症状?』と思うような症状がたくさん出てきました。

 

めまい

かなり強い浮動性(ふわふわ感のある)めまい。

首や体を上下させる動きがつらかったです。

パソコン操作や顔を上げる、洗顔などが上手に出来ませんでした。

 

頭痛、頭重感

めまいと一緒に来たのが頭の重さです。

一度下を向くとそのまま床に落ちそうな感じを伴う『ズーン』とした重み。

緊張性頭痛のようなボワーンとした頭痛でした。

 

耳の痛み

時々、耳たぶが潰されるような痛みがありました。

ボールペンで耳たぶ刺すような痛みなんですけど、内側からも刺されるような感じです。

みみみみみみみみみみみ!!って言いながら何回か顔をよじらせましたが、数分すると痛くなくなるという初めての経験でした。

 

離人感

今回の体験で一番びっくりしたのが、離人感が結構強いということでした。

単調作業はこなしているんですが、まったく感覚が伴わず、『こいつなんかやってるよ』って感じです。

痛みの感覚はあって、それ以外はぼやーっともやのかかったような状態で、冷たい・寒い感覚がかなり薄れてました。

気を抜くと『自分でいなくてもいいや』『上に行こう(一体なんだったかわかりかねてます)』となりそうなので、『自分でいよう』と思ったのは覚えてるんですが、そのほかの些末なことは昨日のことなのに曖昧です。

 

離脱・その後

4

その後、薬を飲むことによってめまいや頭重感、耳の痛みそして離人感も治まりました。

一番最初に頭痛・頭重感と耳の痛みが治まり、次にめまい、最後に離人感が薄れてしっかりもとに戻った感じです。

今までSSRIの減薬に関しては結構上手くいっていた方だったのですが、急な断薬はやはり危険ということが身に染みてわかりました。

これからもしばらくは薬とうまくやっていき、減薬・断薬は余裕のあるときに挑戦したいと思います。

 - ブログ・体験談