強迫性障害の症状:不潔恐怖・洗浄強迫

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 141

asako1強迫性障害には強迫観念と強迫行為があるって言ったよね。どちらも、人によってさまざまな出方をするんだよ。

 

piyoko5それで、ぴよこは何強迫なの?

 

asako1ぴよこの『手を洗う』という強迫は、不潔恐怖・洗浄強迫と呼ばれるもので、強迫行為の症状の中でもメジャーな症状と言われているよ。

 

piyoko6でも、ぴよこはもともと綺麗好きだから、ちょっと綺麗好きが変な方向に進化したのかなって…

 

hanami6確かに…一般的な綺麗好きが全部強迫ってことにはならないよね?

 

asako1綺麗好きと強迫を見分けるポイント…それは、綺麗好きな人には『違和感がない』という特徴だよ。

綺麗好きな人は、自分の気のすむまで綺麗にしたらそれで満足だけど、強迫性障害の人は不安に駆られて、やりたくもないのにやってるのをイメージするとわかりやすいと思う。

 

hanami3手を洗う以外にも不潔強迫や洗浄強迫の行為はあるの?

 

asako3例えば、手だけじゃなくて体を洗う人もいるよ。お風呂に入ったまま何時間も出てこられなくなったり

人によっては、外の世界が不潔だから家から出られなくなることもあるよ。

 

piyoko5ぴよこはまだ外には出れるけど、外の世界が不潔だっていうのは、なんとなくわかるかも。

 

hanami4なるほど。不潔強迫・洗浄強迫の人は、実際に汚いものじゃなくても汚い!と思うと、不安に駆られて洗ったり触るのを避けたりするんだね。

 

asako1実際に汚いものを避ける人は特に問題ないけど、やりたくないのにやめられないなら強迫の可能性があるよ。

 

スポンサーリンク


まとめ

piyoko1不潔強迫・洗浄強迫は、強迫性障害の中でもメジャーなもので、手や体を洗ったり消毒が強迫行為になるものなんだって!

ぴよこもそうだけど、手や体の洗いすぎであかぎれや皮膚炎になったりする人もいるよ。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ