不安障害と甲状腺機能亢進症

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 141

piyoko4そういえば、この間病院で血液検査を受けて来たよ。

精神科なのに、なんで血液検査なんだろ?と思ったら甲状腺機能亢進症の検査なんだって!

 

hanami4え?ぴよこは強迫性障害でしょ?甲状腺も悪かったの?

 

asako1強迫性障害や全般性不安障害に関わらず、不安障害と甲状腺機能亢進症の症状は似ているから、可能性の除外という意味でも検査を行ったりするよ。

 

hanami6ところで甲状腺なんたら?って何?

 

asako1なんたらじゃなくて、甲状腺機能亢進症ね。

新陳代謝を促すホルモンを出して体全体に働きかけるのが甲状腺で、甲状腺機能亢進症では、この甲状腺の機能が過剰になっちゃうんだ。

いわば体の機能が加速したような状態で、手が震えたり血圧が上がったり、下痢したり、体が無意識に過剰に使われるために疲れやすくなったり、そして不安になるんだ。

 

piyoko3そういわれると、確かに不安障害の症状と似ているような気がするね。

 

asako1急に落ち着きがなくなってそわそわして不安になって…ってなると、甲状腺機能亢進症か不安障害か見分けがつかないんだよね。

 

hanami2ぴよこが受けた血液検査で甲状腺機能亢進症はわかるの?

 

asako1うん。血液中の特定物質の割合で甲状腺機能亢進症がわかるから、甲状腺機能亢進症だった場合は治療科を移動しての治療となるよ。

 

piyoko5ぴよこは違ったみたいだけど、甲状腺機能亢進症の治療もきっと大変だよね…。

 

asako1治療には薬物治療の他に、甲状腺自体を切除する手術療法っていうのもあるよ。

でも致死性の病気というわけではないから、気長に治療に取り組んでいくことが大切だと思う。

 

egaohanamiとにかく、精神科で急に『甲状腺何たらの検査してみましょうか』って言われても、びびらずに受けてみよう!

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ