強迫性障害の症状:数唱強迫

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 22

egaohanami今日は、駅前の美味しいお店でシュークリーム買ってきたよー^^

 

piyoko2わーい!はなみありがとう!!でもなんで4つ…?

 

asako2あさこに2個?

 

egaohanamiいや、はなみに2個。

 

piyoko5それより、4ってなんだか不吉な気がする………

 

hanami3そうかなぁ?確かに『死』とかを連想させるから病院とかでは4階には入院施設がなかったりするよね。

 

asako3こういう、不吉・なんか嫌といった概念も、強迫行為になることがあるんだよ。

 

hanami14を避けるとか?

 

asako1例えば今みたいにシュークリームを4個もらったとして、4つのものを見たら恐怖が生まれて、それを打ち消すための行為をするんだよ。

 

hanami2シュークリームを食べて3つにするとか?

 

asako3例えばもう1つ買い足すとか、自分の好きな数字だけ手を叩いて、4という数字をなかったことにするとか。

 

piyoko3一般的なラッキー数字でも、不吉な数字になることがあるの?7とか。

 

asako1それも十分あり得るよ。本人にとって不吉な数字であればそれだけで、強迫行為の原因になるから。

でも、一般的に不吉と言われる4や9、13などに反応する人が多いんじゃないかな。

 

hanami8あさこの背中に…666が…!!

 

666

 

asako4ダミアンを連想させるから6がダメって人もいるみたいだね。ところで、背中にこれ書いたの誰だ。

 

piyoko4まあまあ…今リムーバーで消してあげるから落ち着いて。

 

asako1ぴよこありがとう。犯人ははなみだね、わかった。

で、話を戻すとこの数唱強迫になると日常がすべて怖くなるし、わけのわからない行動の繰り返しという、まさに強迫性障害の代表みたいな症状が出てくるんだよね。

 

hanami3ふむふむ。

 

asako4例えば4時には絶対に時計を見られないとか、6時にはこれをしてはいけない、あれをしてはいけないなんていう決まりが出来て、日常生活に影響を及ぼすよ。

それだけじゃなくて、打ち消すための強迫行為も7回を1セットにして7セット行う、とかだと当然時間も取られるよね。

 - 会話でわかるシリーズ