パニック障害と自律神経失調症

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 127

hanami2前回の『パニック障害のパニック発作ってどんな感じ?』では、パニック発作は自律神経系の症状って言ってたよね。

 

asako1うん。自律神経のうち興奮を司ってる交感神経が過剰に動いている状態だよ。

 

hanami3それって自律神経失調症とは違うの?

 

asako3同じ自律神経がかかわってるから、体の症状としては似てくる部分は多いんだけど、違う病気だよ。

 

piyoko2質問!どんな違いがあるの?

 

asako1パニック発作は『発作』の名前の通り、短時間にひどくなって短時間で治まるんだ。

20分以内にケロッと治っちゃう場合もあって、いきなり症状が出たかと思えば消えるタイプ。

一方で自律神経失調症は症状にスピード感がなくて、常にどこか具合が悪いタイプだよ。

 

hanami6じゃあ、パニック発作から起きる『予期不安』『広場恐怖』も、自律神経失調症では起きないの?

 

asako1予期不安ではなく不安感、広場恐怖症として形を表すことはあるよ。

でもパニック発作から生まれるものとは違って漠然とした不安だったりするんだ。

 

piyoko4まさか…自律神経失調症も原因は脳内のセロトニンにあり?

 

asako1そういう説もあるのは確かだね。セロトニンは心から大切にしてあげた方がいいと思う。

 

hanami3そういえば自律神経失調症とパニック障害での治療には差があるの?

 

asako1あんまりないけど、パニック障害で広場恐怖が強い場合とかは、そこに焦点をあてて治療するから自律神経失調症の治療よりも大変と感じる人がいるかも。

 - 会話でわかるシリーズ