パニック障害と広場恐怖症

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 140

asako1パニック障害には広場恐怖を伴うものと伴わないものがあるよ。

 

egaohanamiつまり、予期不安から『パニック発作を起こした場所が怖い!』って思うか思わないかの違いだよね?

 

asako4はなみの理解力って、なぜか時々急上昇するよね。

 

hanami2うん!気分のいい日は急上昇するように出来てるの。

 

piyoko3でも、ぴよこはパニック障害とは違う『広場恐怖』って聞いたことがあるんだけどあれは何なんだろ?

 

asako1それは多分『パニック障害を伴わない広場恐怖症』ってやつだね。

 

hanami4でも広場恐怖って『パニック発作』を起こした場所に反応するわけでしょ?発作がなければ広場恐怖もないんじゃないの?

 

asako3それがややこしいところでね、パニック発作じゃなくて『何か起きる』と思ってれば、特定の場所が怖くなったりするでしょ?

それがパニック障害を伴わないタイプの広場恐怖症なんだ。

 

piyoko3治療法に違いはあるの?

 

asako2ううん、パニック障害の広場恐怖でもパニック障害を伴わない広場恐怖症でもパニック障害の治療に準ずることになってるよ。

 

hanami2じゃあ、どっちに診断されたかで治療が変わるかも…って心配は要らないね!

 

asako3まぁそういうことにはなるけど、パニック発作が起きると発作を体験してる分、恐怖感や不安感が強くてなかなか心理治療に踏み切れないケースがあるよ。

だから、パニック障害のない広場恐怖症の方が一般的には治療しやすいと言われることが多いんだ。

 

hanami3ところで広場恐怖の広場ってどういう場所が多いの?

 

asako4『逃げられない』と感じがちな場所が、広場恐怖の対象になることが多いよ。

電車や人ごみ、美容院とか閉鎖されて見える場所や人の多い場所とか。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ