心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 118

hanami3心的外傷後ストレス障害ってなんだか長い名前だねぇ。

 

asako1PTSDって呼ばれることもあるんだけど、メディアではそっちの名称で呼ばれることが多いみたいだね。

 

piyoko1PTSDっていわゆる『トラウマ』ってやつ?

 

asako1うん。トラウマを作るような心の傷によって、苦痛や生活への影響があるのが心的外傷後ストレス障害の特徴だよ。

 

hanami5トラウマを上手に処理できないまま生きていくのは大変そうだね。

 

asako3そうだね。それに、トラウマになるような出来事は誰の身にも起きうることだから、自分だけはそうならないだろう!っていうのは通用しない病気だと思うよ。

 

piyoko3治療法は薬を使ったりカウンセリングだったり、不安障害の基本の治療法?

 

asako4うん。ただしトラウマに焦点を当てるから、患者さん本人にとって一時的には苦痛を伴うケースもあるし、スタッフはもちろん家族や友人の理解や手助けがあるといいと言われているよ。

 

スポンサーリンク


心的外傷後ストレス障害とは

心的外傷後ストレス障害とは、心的外傷(トラウマ)となりうる出来事の後に心的・身体的症状によって社会生活を送りにくくなる病気。

感情や感覚の麻痺、神経過敏、記憶のフラッシュバックなどの症状が、健常な社会生活を妨げる要因。

大体は、トラウマとなるような出来事の後3カ月以内に発症、年齢に関係なく発症する病気でもある。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ