どんなことが心的外傷後ストレス障害の原因になる?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 144

piyoko6心的外傷後ストレス障害の原因には、心的外傷っていう経験があるよね。人間の心にはどんなことがトラウマになるんだろう?

 

hanami6うーん…一般的には災害とか戦争が思いつくよね?

 

asako1もともと心的外傷後ストレス障害という言葉が生まれたのは、ベトナム戦争帰還兵の精神状態の治療からなんだ。

だから戦争はもちろん含まれるし、震災の時なんかにはPTSD患者が出ることが予測され、早いうちから対策が練られたんだよ。

 

piyoko3これら2つは命の危険!って感じがするよね。でも災害以外にも命に危険を感じるようなケースがあれば、心的外傷は生まれ得るの?

 

asako3うん。虐待やDV、強姦、いじめでも心的外傷後ストレス障害になってしまうことがあるよ。

実際に命の危険を感じるだけじゃなくて、尊厳が損なわれる場面もトラウマを引き起こしてしまうんだ。

 

hanami4いじめや虐待も入るんだったら、心的外傷後ストレス障害の患者は少なくないように思うんだけど、どうなの?

 

asako1WHOのデータによれば、全世代での生涯罹患率は1.1-1.6%とのことだよ。

アメリカは更に罹患率の高い国で7-8%の生涯罹患率、退役軍人などでは10-30%となっているよ。

 

piyoko5本当に、誰がかかってもおかしくないんだね。

 

asako4うん。特に日本は災害大国と言われているくらいだし、予想もしない大災害によって心が影響を受けることも考えられるよね。

直接的に災害に遭わなかったとしても大事な人を災害で失ったことなんかが、あとあと体や心に影響を及ぼすこともあるしね。

 

スポンサーリンク


まとめ:心的外傷後ストレス障害の『心的外傷』になり得るもの

・戦争

・自然災害(地震や津波、火事など)

・交通事故

・事件(殺人事件、強姦事件など)

・いじめ

・監禁や虐待

・モラルハラスメント

・体罰

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ