複雑性PTSDってどんな病気?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 142

asako1心的外傷後ストレス障害(PTSD)について、複雑性PTSDを紹介しておくよ。

 

hanami6複雑性?一体どんなことが複雑なの?

 

asako3複雑性PTSDにおいては、症状や人格のあり方、対人関係が複雑になりがちなのが問題なんだ。

 

piyoko8一体どんな体験が原因で、複雑性PTSDになっちゃうの?

 

asako1複雑性PTSDを生み出すのは『長期的かつ反復的』な心的外傷経験だよ。

例えば長期にわたって戦争に従事したとか、長い間拷問されていた、小さいころから家庭内で長期にわたって虐待を受けていたとかね。

長く、繰り返される心的外傷体験は、その人の人格や精神状態に大きな影響を与えるんだ。

 

hanami6症状では、やっぱり複雑性でないPTSDよりもひどくなりやすいの?

 

asako1症状面では『解離』が、複雑性PTSDを象徴する症状と言えるよ。

つらい状況を避けるために、自分自身から自分を解離させてしまうんだ。

具体的には一次解離、二次解離、三次解離というものがあるよ。

一次解離では自分の知覚を断片化、二次解離では現実感がなくなって痛みも感じにくくなり、三次解離では自分とは違う自分(別の人格)が登場するよ。

 

piyoko8別の人格が登場する…ってそれは多重人格!?

 

asako4うん。多重人格(解離性同一性障害)のように、複雑な病態を見せることもあるんだ。

 

hanami4そうなると対人関係にも大きな問題を及ぼすよね?

 

asako3ほかの人格がなかったとしても、パーソナリティ障害(人格障害)になってしまうことがあって、どのみち対人関係での安心感を得るにはしっかりした治療が必要と言えるよ。

 

piyoko1しっかりとしたサポートも必須だね。

 

関連エントリ

心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ