強迫性障害の症状:恐怖強迫

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 23

asako2
ねぇ、たまには百物語でもしようか?

 

hanami7いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!やめてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

 

piyoko4はなみー!!大丈夫!?

 

asako1
前回666を書かれた仕返し。はなみは心霊系の話とかが大嫌いだから。

 

hanami4ホント…『霊』という漢字を見るだけでも鳥肌が…。

 

asako1はなみの名前ははなみ・れいですけど。まぁいいや。

ところで、こんな風に誰にでもある恐怖が強迫性障害の症状につながることもあるんだよ。

 

piyoko2さては…恐怖強迫だね!?

 

asako1ぴよこ、最初に比べると勘が良くなってるね。その通り、恐怖強迫だよ。

 

piyoko3きっと、怖いことを思い浮かべると不安になって何かの行為を…!

 

asako3あさこは今、ぴよこの勘の良さにびっくりしてるよ。

その通り、怖いことを思い浮かべたり耳にすると打ち消すための行為をするほか、ある言葉を口にできなかったりもするよ。

 

piyoko8例えば…ぴよこにとっては…ひよこミキサー…。

 

asako4あさこにとっては…かっぱ寿司のバイト…。

 

hanami5はなみにとっては…幽霊…。

 

asako4とまぁ、いろいろとあるわけだけど、強迫性障害で恐怖強迫を持っている人はこんな風に怖いとすらいえないんだよね。言葉にできないから。

 

piyoko3どんな言葉とか出来事が対象になることが多いの?

 

asako3特にこれと言った共通特徴があるわけではないみたいだけど、やっぱり世間を震撼させた事件や大きな災害は、恐怖の記憶とともに残りやすいから、恐怖強迫の対象になりやすいともいえるよね。

 

hanami3そこから出る強迫行為もいろいろなの?

 

asako4うん。恐怖強迫はどっちかっていうと『恐怖恐怖』に近くて、恐怖する対象を恐怖するから、そこから逃れるための強迫はいろんな形で現れるよ。

 

hanami5なるほど。強迫には何らかの恐怖や不安がつきものなんだね。

 

asako1今まで見てきた不潔確認保存数唱も恐怖や不安に駆られて『やりたくもないのに』やってるよね。強迫性障害の症状の基本はそこにあると理解しつつ、次に行ってみよう!

 - 会話でわかるシリーズ