うつ病ってどんな病気?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 126

piyoko7うつ病は気分がドーンって下がっちゃって、自分では上がってこれない病気だよね。

 

hanami7そうか…ぴよこはうつ病にかかったことがあるんだもんね。ああいう状態になると何をしても楽しめないの?

 

piyoko8うん…。息をするくらいしかやることがない感じ…。

 

asako1そんなうつ病だけど、生涯罹患率は6.3%、16人に1人はかかってしまう病気って言われてるんだよ。

厚生労働省の調査によれば、平成23年度は、うつ病などに分類される精神疾患にかかった人は95万人もいたんだ。

 

hanami3これまた、誰がかかってもおかしくない病気なんだね。

 

asako1うん。特に、神経質だったりストレス耐性があまりないタイプの人は、うつ病に注意が必要だよ。

最近は新型うつとか産後うつとか、うつ病のように気分に変調が出る病気でもいろいろな名前があるから、そのあたりも知っておいた方がいいかも。

 

piyoko3うつ病は気分障害だけど、治療法は不安障害と似ているの?

 

asako1不安障害の治療のように認知行動療法+薬物療法とか、カウンセリングを導入することは多いみたいだね。

そのほかに、適応障害の治療のように環境整備をする治療もあるよ。

 

hanami1ちなみに、うつ病にかかりやすい年齢って何歳くらい?

 

asako3他の精神疾患の発症年齢が10-20代と若いのに比べて、うつ病は40歳くらいが平均と言われているよ。

どの年齢でもかかる可能性はあるけれど、20歳代と50歳代で年齢層の山ができるという研究があるんだ。

 - 会話でわかるシリーズ