強迫性障害の症状:加害恐怖・被害恐怖

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 142

egaohanamiいやー今週も2時間ものの刑事ドラマは面白かったわー。

 

asako2容疑者を説得するシーンなんか、特にグッと来たねー。

 

piyoko1でもあれは被害者も正直悪かったと思うな。復讐の話だったしね。

 

asako1というわけで、今回は加害恐怖・被害恐怖のお話です。

 

egaohanamiそういえば、強迫性障害について色々知ろうってことだったっけね。

 

asako1加害恐怖は単純に言えば『人に害を与えてしまうのでは』という恐怖、被害恐怖は『人から害を被るのでは』という恐怖のことだね。

 

piyoko6『恐怖』であって、強迫ではないの?

 

asako1加害恐怖は確認強迫と結びつくことが多いね。例えば、人を轢いてしまったんじゃないかと思って、何度も引き返して確認したり。

 

hanami4じゃあ被害恐怖は?どんな強迫になるの?

 

asako4被害恐怖の場合は、被害にあったのではないかという思いを打ち消すのが中心で、いろんな強迫行為が出る可能性があるよ。

 

piyoko3いわゆる『被害妄想』とは違うの?

 

asako4被害妄想の方が、確信があるよ。私は被害にあった!!●●された!!って確実に思える感じ。

それに対して、被害恐怖の場合は、被害に遭ったんじゃないか?って感じで、確信の度合いが低いのが特徴だよ。

 

hanami6加害強迫、被害強迫って言葉を使わないのはなんで?

 

asako1恐怖対象に対しては●●恐怖、実際の強迫行為に対しては●●強迫を使うんだと思う。

 

piyoko5ぴよこは汚いのが怖いから不潔恐怖、手を洗う強迫が出てるから洗浄強迫ってことだね。

 

asako1うん、そうだね。加害恐怖・被害恐怖の場合は、加害恐怖と確認強迫、被害恐怖と洗浄強迫みたいに、恐怖+打ち消す強迫が違うこともあるから、こんな紹介の仕方になったよ!

 - 会話でわかるシリーズ