うつ病の症状-食欲と体重-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 144

hanami1うつ病の症状シリーズ、今回は食欲と体重だよ。

はなみが調べたところによると、うつ病で食欲が減退するっていうのと増加するっていうのがあったんだけど、どういうことだろ?

 

asako1食欲が増加するのは非定型うつ病、季節性うつ病などの一部のうつ病、一般的に言われるうつ病(大うつ病性障害)の場合は食欲減退とされてるよ。(例外は存在します)

 

hanami3そうなんだね!ぴよこがうつ病だったときは、食欲はどうだった?

あんまりはなみとのケーキ会とかにも来なかったけど…。

 

piyoko5何を食べても味がしないっていう経験は生きてきて初めてだったよ。

 

hanami8え…あんなに美味しいケーキとかクッキーを食べても、味がしないってこと?

 

piyoko5うん。それに食べようっていう気持ちがなくなるから食べないのもあるかも。

 

asako3うつ病になると動かなくなるから、食べなくてもしばらくは平気だったりするんだよね。

 

hanami4でもそれじゃ体重が減っちゃうよね?

 

asako4当然、食欲不振タイプの場合は体重が著しく減っちゃうから、場合によっては入院しての治療もあり得るよ。

 

hanami3ところで非定型うつ病や季節性うつ病の人の場合は、どうして食欲が増えちゃうの?

 

asako1それは、炭水化物を摂取することで一時的にインスリンが分泌されて、インスリンがセロトニンの原料であるトリプトファン取り込みを促進するからだよ。

甘いものを食べると安心する、っていうのが感覚的にはわかりやすいよね。

 

piyoko4食べ過ぎるのも食べ過ぎないのも大変だね。食事や体重は、うつ病と付き合っていく中では難しい問題のひとつだと思う。

 

asako4そうだね。特に1人で暮らしていると食事について管理できない人も多いし、うつ状態で何か作ったり体にいい栄養素を調べたりってことも難しいよね。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ